「台湾、中秋節」に関連する現地ガイド記事

「台湾、中秋節」に関連する現地ガイド記事

台湾、中秋節に関する現地ガイド記事を集めました。台湾、中秋節の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

土地公信仰

[2018/07/15] まさこ

台湾の暦は農暦つまり旧暦をつかいます。キリストが生まれてから何年という数え方の西暦は、一般的にキリスト信仰が少ない台湾では元々根付いておらず、いまでも台湾の三大お祭り事も全て旧暦が基準になっています。土地公は日本で言うところの氏神さま。その土地その土地をお守りする神様です。まだお社を建てる技術がない頃から木や石を神として祀るようになったそうです。この信仰が、建設技術の発達によって、社が建てられ、また、木や石だった神とされるものが、柔和なお顔されたお爺さんの像となり、さらにいろとりどりの服をまとっ… 続きを読む



ローカル「晴光市場・雙城街夜市」周辺を食べ歩き!

[2018/07/15] 中園 まりえ

台湾というと夜市のイメージが強いですが、実は台湾には昼から夜まで楽しめる市場もあります。中山國小駅から徒歩圏内にある「晴光市場」は、生鮮食料品から衣料品、漢方、フルーツ、ローカルフードの屋台まで勢揃いの地元の人に愛されるローカル市場です。また夜市という名前ですが、お昼前から開いている「雙城街夜市」エリアは、別名「雙城美食一條街」とも呼ばれ、昼から台湾グルメを求めて、地元のサラリーマンで溢れかえります。 続きを読む



台湾中部・ノスタルジックな鹿港へショートトリップ!

[2018/04/30] 中園 まりえ

古き良き台湾が残る街として、今回ご紹介したいのが、台湾中部の町・鹿港(ルーガン)。台中から車で約一時間のこの町は、その昔、港街として栄え、台湾で台南の次に大きな街でした。そんな鹿港の旅で一番のオススメは「小道散策」。古い町並みが残っていることで有名な鹿港。特に「九曲巷」はぜひ歩いてほしい道のひとつ。くねくねと曲がりくねったレンガで造られた壁が続く小道は、昔の面影を残しつつ、現在も民家として使われています。曲がりくねった道は、中秋節が過ぎた頃に「九降風」という東北季節風が吹くため、強風を防ぐために… 続きを読む



郭元益で生地から作る!【パイナップルケーキ作り体験】日本語ガイド付

[2016/12/01] 中園 まりえ

台湾のお土産と言えば、やっぱりパイナップルケーキ!中身の餡や生地にこだわったお店、皆さんそれぞれ自分好みのお店があることと思います。こちら【郭元益】も140年以上の歴史を誇る台湾菓子の老舗で、ここでは生地から自分で捏ねて、マイパイナップルケーキを作ってお土産に出来るDIYコースが人気です。台湾旅行数回目で、台北観光は一通り行ったという方や、日本に帰ってから自分でパイナップルケーキを作ってみたいという方、お子様連れにおすすめです。 続きを読む



中秋節の季節がやってきました

[2016/11/15] まさこ

台湾の三大イベントといえば、春節 端午節 そして中秋節です。春節は日本で云うところのお正月。台湾の行事はすべて旧暦ベースなので日本の感覚だと一ヶ月くらい遅いようなちょっと変な感じがしますが、台湾にいると、旧暦がとっても自然な流れになっています。暦ではもうすぐ旧暦の8月15日。台湾の人たちが待ちに待った中秋節やってきます。休みの少ない台湾では貴重な連休です。そんな中秋節の台湾ならではの面白い風習があります。それは・・なんと街じゅういたるところで焼肉をする人の姿が見られるということ!台北でもちょっと… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 台湾、中秋節」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。