「台湾、動物園」に関連する現地ガイド記事

「台湾、動物園」に関連する現地ガイド記事

台湾、動物園に関する現地ガイド記事を集めました。台湾、動物園の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

台湾ベストセラー【絵本作家ジミープロデュース】物語に迷い込んだ様な可愛らしい【宜蘭駅前スポット】

[2016/10/25] 中園 まりえ

台湾出身の【ジミー・リャオ】は、大学卒業後、広告会社でごく普通のイラストレーターとして10年ほど勤務していました。そんなジミーが40歳の時、急性骨髄性白血病を患い、3年間に及ぶ闘病生活を送ることとなります。それがキッカケとなり、自らの生と向き合い、人生とは何か深く考えるようになったジミーは『森のなかの秘密』と『微笑む魚』などの絵本の創作を始めます。1999年刊行の『君のいる場所』はベストセラーとなり、台湾をはじめ中華圏で大人絵本ブームを巻き起こし、金城武さん主演で映画化にもなっています。今では、… 続きを読む



週末は子どもと台北へ

[2015/06/11] りんみゆき

日本から「ちょっとそこまで」感覚で行ける台北。女子旅の定番ですが、子連れにとっても楽しいところが盛りだくさん!まずは台北101へ行ってみましょう。5階にあるチケット売り場で入場券を購入し、エレベーターで89階にある室内展望台へ。台北市内を一望でき、郵便ポストからポストカードを送ることもできます。ここでしかみられない「ウィンドダンパー」は必見。91階の屋外展望台へは階段を上ってたどり着きます。台北101のHP www.taipei-101.com.tw 続きを読む



子供孝行(?)は台湾最大の台北市立動物園で!

[2009/09/02] あみんご

面積は165ヘクタールという、全てを見て回るならたっぷり1日かけても無理、と言われるほど広大な敷地を誇る台北市立動物園。この動物園の特徴は、鉄格子の檻が使われておらず、動物たちが自然に近い環境で飼育されている事です。又、山の中を切り開いて作られたので、自然が多くて道幅も広く、その上意外にもお手洗いなどが清潔に保たれているので、本当に気持ち良く過ごせます。入場料は大人60元、子供30元と格安。山間とはいえ台北市中心部からはMRTで20分程なので、気軽に足を運べ、お子様連れにはオススメのスポット で… 続きを読む



台北初のロープウェイで、より身近になったお茶の街「猫空」へ

[2008/01/16] あみんご

日本でもすっかりお馴染みの台湾茶。実は台北市郊外に「猫空」と言って、鉄観音烏龍茶の名産地があることをご存知ですか?茶農家が茶摘み風景など「観光茶園」として見学できるように公開したのが始まりの茶芸館の密集地です。台北市内にも手軽に楽しめる本格茶芸館はたくさんありますが、どうせなら、ロープウェイの登場でアクセスしやすくなったことですし、茶畑に囲まれたゆったりとした時間の流れる猫空で、おいしいお茶と空気、爽やかな風の心地よさに時の経つのを忘れて浸ってみるのはいかがでしょうか? 続きを読む



伝統行事、燈節(ランタンフェスティバル)に見る幻想的な世界

[2008/01/10] あみんご

毎年、旧暦1月15日(2008年度は2月21日)はお正月の締めくくりであり、新年最初の満月をお祝いする元宵節。各地でランタンの明かりを灯し、湯圓と呼ばれる温かいスープの中に入った白玉ダンゴのようなお餅を食べる台湾の伝統的行事の行われる日です。台湾ではこの元宵節にあわせ毎年「ランタンフェスティバル」と呼ばれるイベントが各地で開催されています。その年の干支をメインテーマにした様々な張子のようなランタンの作品が一堂に展示され、美しく幻想的なランタンフェスティバルは、台湾では見逃せないイベントです。この… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 台湾、動物園」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。