「台湾、漢方」に関連する現地ガイド記事

「台湾、漢方」に関連する現地ガイド記事

台湾、漢方に関する現地ガイド記事を集めました。台湾、漢方の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

台北観光で今一番人気といえば 迪化街

[2017/05/15] まさこ

昨今の、めまぐるしい街の開発が続く台北の街は、中山北路から東へと進んで行ったので、元々の繁華街であった西側地区はすっかり取り残された感があったのですが、そこは地価の高騰がまだまだ続いている台北、西側もどんどん変わって来ました。その「迪化街」台湾を代表する乾物街が今や、台北最大の観光スポットになりました。伝統的な漢方薬局や乾物や生地屋が立ち並ぶ中に古い建物をリノベーションしたおしゃれなカフェや雑貨屋などが立ち並び一種独特な雰囲気があります。日本のガイドブックもこぞって特集を組むほどの大人気スポット… 続きを読む



迪化街でホッと一息入れるなら、隠れ家的茶藝館【南街得意】がオススメ

[2017/05/03] 中園 まりえ

昔ながらの老街の雰囲気が残る迪化街と言えば、からすみ・ドライフルーツ・漢方・乾物の香りが街じゅう立ちこめ、「ザ・台湾」を五感で楽しめる場所。しかし、ここ数年、若い世代のオーナーたちが、昔からの三進式町屋の良いところを残しつつ、リノベーションし、おしゃれな雑貨屋やカフェが続々とオープンしているホッとなエリアでもあります。その先駆けとも言えるのが、茶藝館【南街得意】が入っている「民藝土呈」です。お店の中に入っていくと、外観からは想像も付かないくらい細長い建物で、奥行きがあり、手前から一進・二進・三進… 続きを読む



北京の著名なアンティークコレクターのミュージアムショップ開店

[2010/10/14] 原口純子

北京の中心部の湖、「什刹海」の沿岸に、洗練された生活小物をそろえた素敵なお店がオープンしました。場所は、「什刹海」の西沿にあるスターバックスの隣。小さなお店ですが、なかには、お香、石鹸、文房具、お茶の道具、布のバック、スカーフ、数珠など、センスのいい小物が揃っています。店名は、「観復博物館商店」。実はこの「観復博物館」は、北京では知る人ぞ知るアンティークの博物館で、お店は、この博物館のコレクションをデザインテーマにしているミュージアムショップです。 続きを読む



身体の不調を内側から癒してくれると評判!台北のスパへ行ってみよう

[2009/02/20] あみんご

台北のエステサロンは欧米化しているお店が多いのですが、今回ご紹介するこちらのサロンは、中国に昔から伝わる五行(木・火・土・金・水)の考え方を取り入れたスパで、最新の機械で「経絡(気が流れる道)」をチェックしてから、マッサージを選ぶという、台湾ならではのメニューが楽しめます。人の五感(視覚・聴覚・触覚・臭覚・味覚)を通して、身も心もリラックスさせることで、本来の健康的な状態を取り戻すというコンセプトのもと、現代漢方療法を用いたオイルマッサージを中心としたエステを受けられます。 続きを読む



一年でとっても熱い時期!旧正月を間近で感じてみませんか?

[2008/12/17] あみんご

台湾は西暦よりも旧暦のお正月に重点を置いており、その時こそが本当のお正月として、とてもにぎやかな雰囲気に包まれます。台湾では、旧正月を過年(グォニエン)と言い、2009年は1月26日が旧暦の1月1日にあたります。毎年、西暦の1月1日は、まるで普段の日曜日のように、何も感じず拍子抜けするほど普通の日曜日のような雰囲気の台北の街も、さすがにこの時期になると、赤色の装飾があふれ、正月を感じさせるものを街中で見かけることができ、普段とはまったく異なる、街全体が興奮しているような雰囲気が立ち込めています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 台湾、漢方」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。