「台湾、買い物、洋服」に関連する現地ガイド記事

「台湾、買い物、洋服」に関連する現地ガイド記事

台湾、買い物、洋服に関する現地ガイド記事を集めました。台湾、買い物、洋服の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

魅惑の台北駅 台北駅は実はかなりディープです

[2017/01/21] まさこ

台北駅は1ブロックにまたがる大きな駅。いわゆる東京駅のような存在。大まかに市民大道側と忠孝西路側とに分かれます。まずは、忠孝西路側のご紹介。駅前にある新光三越が目印で、いわゆる補習塾街と言われています。その名の通り、予備校がひしめき合っており、学生がたくさんいるため、安いお店がたくさんあります。おしゃれとは真逆なローカルなお店だらけで、真の台北が安価で楽しめます。肉まんも5元、サンドイッチも18元そしてフレッシュジュースも40元からと本当に安い!この周辺は新しい安価なホテルがたくさんあって、旅行… 続きを読む



チープショッピングの楽しみがたっぷり詰まった場所「五分埔」で掘り出し物をゲット!

[2008/08/26] あみんご

饒河街観光夜市で有名な松山駅前の松隆路と松山路一帯に「五分埔服飾広場」という服飾雑貨の問屋街が広がっています。縦横無尽に入り組んだ細い路地を無数の店舗が埋め尽くしており、その数約1000店舗とも言われています。よく市内の道端でも見かける露店や夜市の洋服、雑貨などの仕入先のひとつでもあるので、格安の品物が多く、掘り出し物がゲットできる確率が高い、特に買い物好きの女性にオススメのエリアです。いつもお買い得品を探す老若男女でごったがえしており、とても台湾らしい雰囲気が味わえます。 続きを読む



毎日がお祭気分!熱気むんむんの台湾ナイトマーケット!

[2007/07/31] 姿ゆうこ

台湾の最も台湾らしい場所、それは「夜市」。夜市とは、日本でいうお祭りの縁日のようなもので、細い路地などにたくさんの屋台や小さな店が軒を連ねているナイトマーケットのこと。日本の縁日と違うのは、それがお祭りの時だけ出なく、なんと1年365日、夕方から夜中の1時ごろまで毎晩開かれているということです。台湾人はこの夜市で「吃飯=ご飯を食べたり」、「買東西=買い物をしたり」、「街=ぶらぶらしたり」して夜を過ごします。まるで毎日がお祭りのようですが、これが日常。台湾人にとって夜市はあって当たり前、なくてはな… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 台湾、買い物、洋服」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。