「地元」に関連する現地ガイド記事

「地元」に関連する現地ガイド記事

地元に関する現地ガイド記事を集めました。地元の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

レーゲンスブルク、お勧めのお土産

[2017/02/26] 吉村 美佳

ここレーゲンスブルクでは、甘いマスタードなしの生活なんて、考えられません。旅の記念に、あなたもお一ついかがですか。焼きソーセージや、白ソーセージ、レバーケーゼという温かいハムのようなものにつけるこのマスタードは、レーゲンスブルクを北限とする、バイエルン州南半分で食されます。ヘンデルマイヤー社の作るマスタードは、100年以上の歴史を抱えています。小さな地元の企業が成長し、今では、甘いマスタードの代名詞といえば、ヘンデルマイヤー。100gのチューブ入り1本が1ユーロ程度なので、気軽なお土産として購入… 続きを読む



シンガポールから行くビンタン島の知られざる魅力

[2017/02/22] 古関千恵子

ビンタン島には大きくは2つの顔があると思います。シンガポールの1日ツアーなどで訪れるのは、西側のラゴイベイを中心としたリゾートエリア。BBTフェリー埠頭から車で約15分と近く、バンヤンツリー・ビンタンやアンサナ・ビンタンなど名立たるリゾートが集まっています。ここには各種マリンスポーツを用意したウォーターパークの「トレジャーベイ」や18ホールのゴルフコース、ショッピングセンターなども整い、快適なリゾートライフが過ごせます。このエリア入口にはセキュリティが常駐するゲートがあり、人の出入りが管理されて… 続きを読む



シンガポール人シェフ特製! 本場の味をリーズナブルに味わえる店がジンバラン地区に新登場!

[2017/02/19] 田尾蓮果

客層は地元客から華僑、在住外国人まで幅広い。エアコンはないが、その分、間口が広くて庶民的な雰囲気なので、誰でも入りやすいからだろう。そのうえ、一品Rp.20,000〜Rp.45,000(約170円〜380円)と激安価格なのも魅力的だ。口コミで噂が広がり、オープン間もないのに多くの人が訪れるようになった。リピーターも増え、今や、バリ島でブレイク中の店なのだ。 続きを読む



アンコールワットのある町、シェムリアップの楽しみ方

[2017/02/15] りんみゆき

世界中のランナーが12月に開催されるアンコールワット国際ハーフマラソンに参加するため、シェムリアップに大集合します。2016年は21回目。参加費は義足や地雷の被害者に寄付されます。このマラソンが他と違うのは、世界遺産で義足のランナーや車椅子ランナーと一緒に参加できること。コースは3キロ、10キロ、ハーフがあり、スタートとゴール地点はアンコールワット前。途中村を走ると地元の子どもたちが集まってきて、ハイタッチをしたり応援をしてくれます。給水ステーションの先では子どもたちがプラスチックのボトルを集め… 続きを読む



シャンルウルファで地元の人たちに愛されているお薦めのレストラン

[2017/02/14] オキシマ・ヒロミ

南東アナトリアの古都シャンルウルファ。ここは預言者アブラハム(イスラム教ではイブラヒーム)ゆかりの地だ。アブラハムが生まれたとされる洞窟や、丘の上から投げ込まれたと伝えられている池、丘の上のウルファ城など、見どころがたくさんある。東トルコの観光メッカであり観光客も大変多いため、レストランも色々あって食事が楽しい。そんな中、地元で絶大な人気を保っている店を紹介しよう。旧市街の北端にあるジェヴァヒル・ハンCevahir Hanというレストランだ。町の北門だったサムサト門近くに建てられたかつての隊商宿… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 地元」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。