「城、海外」に関連する現地ガイド記事

「城、海外」に関連する現地ガイド記事

城、海外に関する現地ガイド記事を集めました。城、海外の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

卸売店だから激安!プロも買いつけにくる豫園側の市場へ行ってみよう

[2016/10/05] 小田川愛

上海で一番有名な庭園といえば豫園です。ツアーで来ても、個人で来ても恐らくどこかの日程で入ってくる観光名所です。一番の見どころは勿論立派な庭園なのですが、ここは豫園を囲むように、沢山のお店や寺院がひしめき合っていて、それを一つ一つ見ていくだけでも、一日かかってしまうくらい、奥が深いスポットなんです。ざっくり説明すると、豫園の周りには観光客が多く買い物をする豫園商城というところがあります。こちらは、雑貨は勿論お菓子やお茶、食器や茶器、さらには漢方までありとあらゆる店舗があり、その歴史も随分と長い老舗… 続きを読む



家族旅行だからみんなが満足する場所で買い物がしたい!という人にオススメの珍珠城

[2014/10/28] 小田川愛

旅行先で、子供から大人まで楽しめるショッピングスポットを見つけるのは、なかなか難しいことだと思います。子供にあわせすぎると大人が退屈しますし、その逆もあるわけです。せっかく家族で海外旅行をするなら、一緒に楽しめる場所を選びたいですよね。そこで、今回は日本人が多く住んでいる古北エリアのお店をご紹介します。そのお店がある場所は古北の中心地より少しだけ離れていますが、歩く事も可能な距離ですし、地下鉄の駅からも近く便利なんです。 続きを読む



ヘルシンキから日帰り海外旅行-タリン(エストニア)

[2013/03/21] Yumi

バルト海の最奥部、フィンランド湾に面するエストニア共和国の首都タリン。フィンランド人にもヘルシンキを訪れる観光客にも人気の日帰り旅行スポットです。ヘルシンキからタリンまではフェリーで2時間、高速船を使えば1時間半、フェリーの運賃も往復で20ユーロから40ユーロくらい。まさに手軽に行ける日帰り海外旅行と言えるでしょう。ユネスコ世界遺産にも指定されている中世の街並み、そしてこじんまりとしてチャーミングなレストランやカフェなど、タリンでヘルシンキとは違う魅力を楽しんでみるのはいかがでしょうか。 続きを読む



司馬遼太郎『街道をゆく』の世界を訪ねる旅〜蘇州・城壁編〜

[2012/09/04] 小田川愛

みなさんよくご存じの『竜馬がゆく』や『坂の上の雲』。これら有名な作品を生んだ小説家といえば、、司馬遼太郎です。本屋の棚にもずらりと並ぶ作品の中で今も根強い人気を誇る『街道をゆく』という紀行文があります。この作品は1971年から「週刊朝日」で連載が開始された紀行文で、日本の各地を訪れ、文化や歴史を紹介していく内容なのですが、シリーズの中には海外を歩いたものもあります。今回は中国の江南地方を記した『街道をゆく19 中国・江南のみち』の世界を訪ね歩きます。 続きを読む



プラハから電車ですぐ! ベロウンの陶器マーケット

[2010/06/08] 有賀みかる

海外で地元の青空マーケットをのぞくのが好き、という方はきっと多いはず。なかでも陶器に目がないという方に紹介したいのが、プラハから南西へ30kmほどいったベロウン(Beroun)という町の陶器市。プラハ本駅から簡単に乗り換えなしの電車で40分〜1時間ほどで行けて、駅から会場の広場までもお散歩感覚でスグなので、土地勘がなくとも大丈夫。往復でも120コルナほど(約600円)とリーズナブルだし、線路は川沿いなので窓際に座ればちょっとした『世界の車窓から』気分を味わえて電車好きにもおすすめ。途中下車すれば… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 城、海外」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。