「夏、パラオ」に関連する現地ガイド記事

「夏、パラオ」に関連する現地ガイド記事

夏、パラオに関する現地ガイド記事を集めました。夏、パラオの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

夏秋のパラオは海獣遭遇の可能性アップ!

[2010/08/31] 秋野ヒロシ

AlLI!(こんにちは)日本では連日猛暑とニュースで見ています。暑そうですね。パラオは赤道間近にありながら日中の気温は33度。海風が気持ちよい毎日が続いています。そしてこれから夏から秋にかけてのパラオは南西の風が強くなる時期へとなっていくのですが、今年は台風の発生が少なくあまり海が荒れません。このままの状況だと海が荒れず海水が深い冷たい水と混ざらないので水温上昇が心配ではありますが、コンディションが良いのは助かります。特にこの時期はイルカやクジラといった海獣類が目撃できる可能性が上がるので外洋に… 続きを読む



イルカと遊びながらダイバーになろう

[2010/08/10] 秋野ヒロシ

皆さんはパラオにイルカが居るってご存知ですか?もちろん外洋にはハシナガイルカの群れも生息していますが、今日紹介したいのはドルフィンパシフィックというイルカの研究施設です。ここにはハンドウイルカ8頭が東京ドーム2個分の敷地に暮らしています。セラピーやイルカの生態に関する研究をしているのですが、一般に開放されたプログラムも多く開催されているのも特徴です。イルカと洋服のままで触れ合える「クローズエンカウンター」や、実際に海に入って一緒に泳ぐ「ドルフィンシンフォニー」、そして実際にトレーナーの仕事を1日… 続きを読む



暗がりで可憐に光る二枚貝、ウコンハネガイを見に行こう!

[2010/07/01] 秋野ヒロシ

Alii(こんにちは!)いよいよ夏に突入。パラオも北半球。暑い日が続くようになってきました。太陽が出たら一気に気温は34度くらいまで上がります。曇っていても30度。うーん暑い。でも、湿度が高くないので海風に当たっていれば、ほどよく気持ちの良い暑さです。 これからのパラオは乾期から雨季へとシーズンが移行する時期。雨季といっても日本の梅雨とは違い、ずっと雨が降り続けることは少なく晴れ間も良く出ます。乾期はカラカラに乾くとするば雨季はほどよく雨が降るがビシャビシャじゃない。そんなイメージです。もともと… 続きを読む



エイッ、エイッ、エイッとエイを見よう!

[2010/05/31] 秋野ヒロシ

Alli!アリー(こんにちは)、パラオは今日も暑いです。今日は1週間ぶりに海に行ったら顔が日焼けで痛くなりました。パラオの日差しは相変わらず強い!明日は日焼け止めをつけることを心に決めながら、お客様と一緒にログ(潜水日誌)をつけています。今日はジャーマンチャネルというポイントでエイを見ました。横幅が3mもある大きなエイです。僕らの目の前をゆっくりと沖へ泳ぎ去っていきました。3mって想像つきます?畳の1.5倍ほどです。デカイでしょ?ましてや水中で見ると実際よりも大きく見えるのでなお更大きく感じてし… 続きを読む



ダイバーならやっぱり見たい。アオウミガメに会いに行こう!

[2010/04/05] 秋野ヒロシ

ボートが出港する8時半、太陽はすでに真上に近い位置から照りつけ気温はすでに32度。朝の太陽といえど侮れない。赤道直下のパラオは今日も暑いです! 桟橋では暑く感じるこの日差しもボートが走り始めると風のおかげで快適に変わります。時速50キロものスピードで水面を滑っていくボートは爽快で、回りのロックアイランドを眺めていればポイントまでの1時間も楽しい時間に変わります。内海を走っているときにはペパーミントグリーンだった水面の色が紺碧に変わるとそこはもう外洋。バリアリーフを抜けたこのポイントにアオウミガメ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 夏、パラオ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。