「夕食」に関連する現地ガイド記事

「夕食」に関連する現地ガイド記事

夕食に関する現地ガイド記事を集めました。夕食の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

都心の醸造場&ハブで生マッコリを楽しもう

[2017/02/21] 金光英実

夕食時はマッコリのサンプラー4種類が着席と同時に出されます。このサンプラーは、同じマッコリを熟成日数によって「春夏秋冬」という名前で分けたものです。熟成日数は春(1〜3日)夏(4〜6日)秋(7〜9日)冬(10日)となっていて、熟成が進めば進むほど、濃く深い味わいになります。女性は爽やかな甘味の感じられる春を好むようですが、マッコリ好きな方にはもの足りないことでしょう。同店でも秋と冬がいちばん人気のようで、売り切れになることもあるそうです。人工甘味料の入っていない、自然熟成の甘味をゆっくり味わって… 続きを読む



マジェスティックな空間を満喫 滞在そのものがアクティビティな豪華ホテル

[2017/01/23] 岩佐 史絵

せっかくマジェスティックウィングに宿泊したなら、ラウンジにはちょいちょい足を運ぶことでしょう。時間ごとに朝食や軽食、カクテルなどのサービスがあるのですが、なにしろその内容がとても充実しているのです。特にアフタヌーンティーが驚くほど本格的で、スコーンに点心、プティフールと、マレーシアスタイルのラインナップ。ビュッフェではなくスタッフが運んできてくれます。何度でも注文をとりにきてくれ、たとえば「スコーンだけ」「ミートパイをもうひとつ」なんていうオーダーにもにっこりと応えてくれるので、うっかりお腹がい… 続きを読む



メッシタをご存知?イタリアで量り売りワインにチャレンジ!

[2016/12/06] 堂剛

イタリアでも「若者のワイン離れ」と言われ、ここ数年は国内消費量も徐々に下がってきています。それでも夕食のときには必ずワインボトルがテーブルにのぼります。おじいちゃん、おばあちゃんになっても赤ワインを水で薄めて飲むのがイタリア式の健康法で、一人あたりのワイン消費量は実に日本人の15倍以上です。普段自宅で飲むワインはテーブルワインと呼ばれスーパーなどでも安く買えますが、せっかくだからぜひメッシタを試してください。メッシタとは量り売りしてくれるワイン専門店。旅行者でも買えるので、ワイン好きは行かなきゃ… 続きを読む



これは美味しい!食事もお酒も楽しめるケーキ店「Bottega di Pasticceria」

[2016/11/13] 堂剛

18時頃からはアペリティーボも行われます。ドリンク1杯10ユーロでカウンターに並ぶビュッフェ料理が食べ放題です。さすがにパスティッチェリアらしく自家製パンはとても美味しく、ブロッコリとサーモンのリゾットなど豪華な料理もありました。イタリア人は夕食前の軽食代わりに立ち寄りますが、少食な日本人ならこれだけで夕食代わりになるでしょう。アルコールもプロセッコ、赤ワイン、スプリッツ、モヒートなど各種そろっています。ドルチェ、ランチ、そして夜のビュッフェとすべてが美味しいケーキ店、ぜひお試しください。 続きを読む



ぐるっと360度、「スアダ」からボスポラス海峡を独り占め!

[2016/10/08] Yeni

スアダには、トルコ料理の代表・ケバブ料理店「Suda Kebap(スダ・ケバブ)」、エーゲ海地方の郷土料理を得意とする「Aslan Restaurant(アスラン・レストラン)」、カジュアルイタリアンの人気店「Mezzaluna(メッツァルーナ)」、海といえばシーフード派には「G Balik(ジー・バルック)」、イスタンブールを代表する日本食レストラン「Itsumi(いつみ)」、そしてオリジナル無国籍料理を味わいたいなら「360 Istanbul(ウチユズ・アトゥムシ・イスタンブール)」と、全部… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 夕食」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。