「外国、庭園」に関連する現地ガイド記事

「外国、庭園」に関連する現地ガイド記事

外国、庭園に関する現地ガイド記事を集めました。外国、庭園の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

目から鱗が落ちる珍しい場所 パリの中心にある言語学博物館

[2017/11/21]

パリの中心、6区に位置し、ルクセンブルクの庭園と聖スルピス教会の間にひっそりと佇む「MUNDOLINGUA」は、言語、言語学を扱った個性的な博物館です。「言語学」といわれると、何やら難しく聞こえますが、この博物館では心配無用。訪問者が言語と歴史を学ぶ上で「体験」することによって理解できるようにと、ユニークな展示方法で魅了します。ニュージーランド生まれの創設者はパリで言語学を学び、マスターを取得した後、言語のための特別な遊び場を作ろうと思い立ちました。そこで言語学研究者、エンジニア、学生、アーティ… 続きを読む



素敵な日本庭園がある広大な邸宅、タットン・パークでイングランドを満喫!

[2013/06/09] ディキンソン恵子

マンチェスターとチェスターの間に位置する、広大な敷地に囲まれたタットン・パーク。エガートン家によって栄華を誇ったタットン・パークは、チェシャー州でも人気の観光地のひとつで、1958年からナショナル・トラストに寄贈され、現在はチェシャー・イースト・カウンシルによって管理・運営され一般公開されています。庭園、邸宅、ファーム、そして鹿が住む1000エーカーの敷地など見所が満載。丸々1日かけて、ゆっくり過ごすのにピッタリなので、ぜひここでイングランドの田舎をエンジョイしてみて! 続きを読む



スペインで日本を満喫!”パルケ・ヤマグチ”

[2013/05/27] 田中富子

ナバラ州首都パンプロナ市の最新エリアと言われている場所に位置するPARQUE YAMAGUCHI(パルケ・ヤマグチ/山口公園)は、その名の通り日本の山口市と深く関係している公園である。なんとその由縁は、日本に初めてキリスト教を伝え、山口市に滞在したこともある聖フランシスコ・ザビエル(本当の名前はFRANCISCO JAVIER/フランシスコ・ハビエル)である。彼はナバラ出身であったことから、パンプロナ市と山口市は1980年に姉妹都市を締結している。 続きを読む



7ヘクタールの敷地内でゆったりとした一日を過ごしたい 城館ホテル

[2010/09/09] ケイ

こんなホテルがハンガリーの地方都市にも出現したのか、と嬉しくなる。ブダペストでは1990年代初頭から外国資本の高級ホテルが続々と建設されていった。その一方で地方都市では、社会主義時代に建てられたシンプルなホテルしか存在しなかった。2000年以降は地方都市にも高級ホテルが建設され始めたが、贅沢なリゾート系のホテルはバラトン湖周辺に見られる程度だった。ここは南ハンガリーのドムボーヴァール。バラトン湖畔のシオーフォクから真南へ約60キロ、ペーチの真北35キロの小さな町である。あまり聞いたことのない町で… 続きを読む



ネパール・ラナ家の庭園を改装した「ガーデンオブドリームス」で癒しの時間をどうぞ

[2010/02/09] 溝内美菜

1846年から1951年に実質的にネパールを支配していたラナ家。当時のラナ家の首相チャンドラ・シャムシェルの三男ケサール・シャムシェルの庭園の一部をオーストリア政府の協力の元、約7年間の修復工事を経て2006年10月から、一般に公開されている「ガーデンオブドリームス」。広い庭園内には、ヨーロッパスタイルの建築物や、ネパールだけでなく外国の樹木などもあり、カフェもあります。ツーリストの中心地区タメルにありながら、足を踏み入れたそこは癒しの空間が広がっています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 外国、庭園」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。