「夜出発」に関連する現地ガイド記事

「夜出発」に関連する現地ガイド記事

夜出発に関する現地ガイド記事を集めました。夜出発の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

蚤の市とリサイクルショップ どちらがお得?

[2014/03/22] 風香

 前回ご紹介させて頂いた相乗りシステムの旅は如何でしたか?私たち親子は、今回も相乗りシステムを活用し今度はパリに行ってきました。通常シャモニ-からパリまで電車で行くとすると、大人一人当たり97〜116ユーロ程度。しかし相乗りシステムを使うと、一人40ユ-ロ程で行くことが可能です。行きは、ジョネ-ブに近いフランスのアルマスから一人25ユ-ロで乗せてくれる便を予約。金曜の夜出発だったので、運転手がホテルまで連れていってくれました。帰りは、パリ郊外からモンブランエキスプレスの発着地のひとつ手前の駅まで… 続きを読む



エジプトで列車に乗ってみよう!鉄道で巡るエジプトの旅

[2011/11/19] すまーふはなこ

カイロ〜ルクソール〜アスワン間は、夜出発し早朝到着する、決められた時間のエジプト国鉄の列車か、アベラ・エジプト社による寝台列車の乗車しか認められていません。ゆったりと寝て行ける寝台列車の方がお勧めです。二人用の個室になっていて座席は広く、夜になると係員が、2段ベッドにセットしてくれます。タオルの置かれた小さな洗面所もついています。2部屋の間にドアがあり、コネクティング・ルームとしても使えるので、家族や友人と行く時は便利です。しかし、列車は砂ぼこりにまみれたクラシックな電車で、寝ている間は揺れを感… 続きを読む



アドリア海にて一泊のミニクルーズ 〜ギリシャからイタリアへ〜

[2007/10/10] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャのパトラス港を出航したあとは、映画「コレリ大尉のマンドリン」の舞台であるケファロニア島、オデュッセウスの島といわれるイタキ島のそばを通り抜け、小泉八雲の故郷、レフカダ島(レフカディオ・ハーンという小泉八雲の本名はこの島の名にちなんでいます。)のそばを通過。そして次のギリシャ最後の停泊地イグメニッツァへ寄航後、ギリシャ人にも一番人気のケルキラ島(別名コルフ島)などを望みつつ(★注意★特に冬の日の短い時期は、パトラス夜出発の便だと途中の景色がほとんどわかりません。アンコーナ行きの昼の便、もし… 続きを読む



スノーフリークにオフシーズンはない!夏はオーストラリアでスキー&スノボ

[2007/08/14] 林カオリ

日本の日差しで干上がりかけているスノーフリークの皆さん。オーストラリアは今がスキーシーズン真っ最中。ちょいと足を伸ばして南半球の雪を楽しんでみては?スキーやスノボ、ウェアなんて必要なし!オーストラリアのスキー場でも、シドニー市内のスポーツショップでも、簡単にスキーグッズはレンタルできる。ニュー・サウス・ウェールズ州のスキー場はシドニー中心部から車で約5〜6時間。レンタカーを利用してもいいが、やはり一番楽なのは旅行会社が企画するスキーツアーを利用すること。日本人に人気の現地旅行社ピット・トラベルで… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 夜出発」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。