「大騒ぎ」に関連する現地ガイド記事

「大騒ぎ」に関連する現地ガイド記事

大騒ぎに関する現地ガイド記事を集めました。大騒ぎの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

バガンの仏塔群を空から見下ろす気球遊覧

[2016/05/12] 田島みえ

ミャンマーで外国人から人気急上昇中の旅先、バガン。約3000の仏塔が点在し、どこを歩いても幻想的な風景に出会える魅惑の地ですが、乾季の10月〜3月しか楽しめないのが「気球遊覧で空からバガンを一望」するということ。仏塔に登り、高い位置から朝日や夕日を眺めるのはもはや王道コースですが、気球が上昇する位置からの一人占め風景は目に焼き付いて一生忘れることのない素晴らしいものとなること間違いなしです!! 続きを読む


コペンハーゲンの新名所“青の惑星”は近未来的な水族館!

[2015/10/28] MizukiPoulsen

新しくできた寒冷水域エリアには、アラスカからやってきたラッコが登場!愛くるしい姿を間近で見られます。また、子供に人気なのは海の生き物をさわれるエリア。カニやヒトデを触って大騒ぎです。水辺の洞窟エリアでは、普段人の目に触れない特殊技術を持った生き物が暗い中でひっそりと生息。電気ウナギや、エレファントノーズフィッシュの明かりが見られるかも?サンゴ礁エリアでは、16メートルのサンゴ礁にカラフルな熱帯魚などが生息。クマノミ、リーフィーシードラゴン、ウミヘビ、オニオコゼなど、じっくり探してみませんか? 続きを読む



120年の歴史、マルガリータの発祥のバー「フッソンズ」本店

[2013/09/01] 宮谷千英

ドン・カルロスのレシピはテキーラとダミアナ(Damiama)半々にライムだったけれど、現在ではダミアナのかわりにコアントローが使われている。70年代まではフッソンズで大騒ぎしていた若い観光客も、最初にフッソンズがあった場所にあるパパス&ビア(Papas&Beer)に移り、客層は今はローカルが中心だそう。ビジネスマンが午後に一杯やりに来たり、2〜30代の若者が、金曜の夜に恋人や伴侶を見つけに来たり。でも観光客は大歓迎だという。「フッソンズ」では皆友達どうしなんだからね、とオーナー。大体午後8時くら… 続きを読む



トマトを投げ合うお祭りに参加してみよう!

[2012/12/13] 橋本直明

トマト祭りは前日夜から大盛り上がりです。会場には、レストラン、バー、売店はもちろんのこと、道の真ん中にテーブルとイスがずらりと並び、巨大なビアガーデンのよう。さらにメリーゴーランドなどの移動式遊園地や、大音量の音楽を流しているオープンエアのクラブまであり、みんな飲んで食べて踊っての大騒ぎです。そのまま朝まで騒ぐもよし、次の日に備えて公園で仮眠をとるもよしです。ぜひ、前日夜から参加することをおススメします。 続きを読む



良質なワインを飲みながら ロマンティック・ラインを楽しむ

[2012/05/31] Kei Okishima

リューデスハイムは有名なワインの町。一年を通じてこの町では良質なワインを楽しむことができる。居酒屋は至る所にあり、そこからは毎晩のように陽気な音楽や歌声が聞こえてくる。毎年8月の第3週末に開かれる「ワイン祭り」では地元業者が通りに屋台を出して町全体が大騒ぎとなるが、そうでなくてもリューデスハイムはいつでも賑やかた。南からひたすら北へと流れてきたライン川はマインツを過ぎたあたりで急に向きを変え、西へ流れ出す。川の北側になるリューデスハイムは多くの南向き斜面を作りだしている。日当たりのよいこれらの畑… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 大騒ぎ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。