「天蓋」に関連する現地ガイド記事

「天蓋」に関連する現地ガイド記事

天蓋に関する現地ガイド記事を集めました。天蓋の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アテネ街歩き 新たな名所、スタヴロス・二アルホス財団文化センターへ!

[2017/08/25] アリサンドラトゥー芳香

日本では関西空港の建築その他で知られる、世界有数のイタリア人建築家、レンツォ・ピアーノ氏がデザインした財団の文化センターは、天蓋にソーラーパネルを備え、全体がガラス張りとなっている開放的な印象の建物です。2016年に完成したばかりで、高台にあるため、最上階のカフェからは正面にアクロポリス、リカヴィトスの丘の見える景色が望めます。後方も絶景で、クルーザーの行き来するヨットハーバーを中心とした海が広がっています。敷地は広大で、「運河」と呼ばれる人工の川が流れ、いろいろな植物が植えられた公園となってい… 続きを読む



2つの世界遺産の拠点にシェラトン・ミラージュ・ポートダグラスをオススメしたい理由

[2017/01/25] 古関千恵子

147ヘクタールもの広大な敷地を誇るシェラトン・ミラージュ・ポートダグラス。ピクシーピンクの愛らしいホテル棟を囲むように、2ヘクタールものラグーンプールがレイアウトされています。白を基調とした爽やかな室内は43平方メートル以上を確保し、ベッドは一部天蓋付きのロマンティックなスタイル。もちろん、夢見心地のまま眠りに入れるシェラトンスイートスリーパーベッドです。バスルームは大理石をふんだんにつかった豪華版。コーナールームはステュデォタイプで、バスルームはさらにワイド。人気が高いお部屋は、お部屋のテラ… 続きを読む



人気のヴィラ「ザ・サマヤ スミニャック」がついにリニューアルオープン!

[2013/01/07] 田尾蓮果

今回オープンしたのはプールヴィラとロイヤルパビリオンの2タイプのヴィラ棟。どちらも日本人にいちばん需要のあるワンベッドルームで、居心地の良さが徹底的に追求されている。建物に入るとまずソファと大型テレビが備え付けられているリビングルームがあり、ガラス扉の向こうのベッドルームには天蓋付きのキングサイズベッドが穏やかな眠りを約束してくれている。その向こうには驚くほど広いバスルームが。ここにはジャグジー付きバスタブ、屋内外にひとつずつあるシャワー設備、トイレ、2台の洗面台のほか、夜のおでかけ前にしっかり… 続きを読む



寒い冬こそ温泉へ!ルダッシュ温泉でホッカホカな旅

[2011/01/05] ケイ

ハンガリーは16世紀半ばから17世紀末まで、およそ150年間に渡ってオスマン・トルコに支配されていた。ルダシュ温泉は1556年にオスマン・トルコのソコリ・ムスタファ総督によって建設が始まり、1579年に完成した。同じようにオスマン・トルコ占領時代にトルコ人によって建設された温泉風呂にキラーイ温泉がある。トルコを旅したことのある者なら、ひと目見てハマムを想像するであろう。ルダシュもキラーイも、トルコ名物である蒸し風呂のハマムとそっくりな屋根をしている。亀の甲羅のような屋根にポツポツ穴が空いているの… 続きを読む



”元祖ブルクホテル”で童話のお姫様気分を堪能

[2010/10/03] Kei Okishima

ブルクホテル・トレンデルブルクの魅力は何と言っても客室である。全22室はどれ一つ同じ部屋がない。ヒンメルベット(天国のベッド)と呼ばれる天蓋付きベッドの部屋が多い。狭い部屋は可愛らしいインテリアで、こぢんまりさを快適に感じるよう仕上げている。どの部屋にも共通なのは掛け布団でハートを作っていること。ハネムーン用かと思ったら、全ての部屋がハート型になっている。城には3つの塔があり、全ての塔に部屋がある。大きさもインテリアも異なり、それぞれに特徴があるので全部の部屋に泊ってみたくなる。城の中に滞在して… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 天蓋」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。