「天野博物館、リマ」に関連する現地ガイド記事

「天野博物館、リマ」に関連する現地ガイド記事

天野博物館、リマに関する現地ガイド記事を集めました。天野博物館、リマの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

新生「天野織物博物館」

[2015/06/25] 原田慶子

アンデス文明ファンなら誰もが知っているであろう、リマの天野博物館。2009年6月1日のペルーガイド記事でもご紹介した同館が、去る5月18日「MUSEO TEXTIL PRECOLOMBINO AMANO(天野織物博物館)」として生まれ変わった。布や織物をテーマにした博物館は世界にいくつかあるが、アンデス文明に特化した専門博物館としては他に類をみない。また、以前は事前予約ツアーに参加することが見学の要件だったが、このリニューアル以降は他の博物館同様、個人で自由に見学できる。古代アンデスの織り一筋一… 続きを読む



「天野博物館」は日本人が創設した本格的なアンデス考古学博物館

[2009/06/01] 原田慶子

数あるリマの博物館の中で、一番にお勧めしたいのが「天野博物館」だ。ここは1000〜1400年に栄えたチャンカイ文化をメインにした、アンデス文明に関する本格的な考古学博物館。収蔵品は数万点、うち300点ほどを常設展示している。耐震構造を施しつつ見る側の視点に立った展示方法は、独自性があり素晴らしい。特筆すべきは、館内の説明をすべて日本人スタッフが日本語で行ってくれること。「色々見たけど、どれも同じようで…」となりがちな博物館巡りだが、天野博物館の解説は大変分かりやすいと好評だ。ここを訪問すれば、ア… 続きを読む



総合民芸品ギャラリー、ポコ・ア・ポコの世界へようこそ!

[2009/03/24] 原田慶子

柔らかく優しい手触り、ふんわり軽く温かな使い心地、日本人好みの淡い色から深みのある濃い色まで、無限に広がる豊富なカラーバリエーション。これが「POCO A POCO(ポコ・ア・ポコ)」のアルパカ製品の特徴だ。日本人オーナーの早内香苗さんが生み出すアルパカの染め物は、すべて天然の草木染め。コチニールやアンデスで採取されるチルカの葉、苔類、鉱物を巧みに合わせ、誰にも真似できない豊富な色彩を生みだしている。どの染めも素晴らしく、ショールやマフラーを色違いで何枚も購入する人が多いのも頷ける話だ。リマでお… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 天野博物館、リマ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。