「失敗」に関連する現地ガイド記事

「失敗」に関連する現地ガイド記事

失敗に関する現地ガイド記事を集めました。失敗の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

気分は遊牧民。キルギス伝統のフェルトを作ってみよう

[2016/04/09] 伊藤あつし

ウールのセーターを洗濯したら縮ませてしまった経験はありませんか?誰もが覚えのあるこの失敗こそがフェルト作りには必要です。計量をした羊毛を温めの石鹸水で湿らせて押さえるとふわふわした羊毛が小さくまとまっていきます。羊毛繊維の表面にはウロコ状のヒダがあり、熱を加えると開いて繊維同士が絡まっていくのです。この現象を縮絨と言い羊毛が密に絡んだものがフェルトなのです。石鹸水は羊毛の滑りを良くしヒダの絡み合いを手助けします。ワークショップでは羊毛を成型した後、ひたすら擦ってシート状のフェルトを作成します。 続きを読む



ネイルからエクステまでワンストップで美を磨こう

[2014/03/16] 金光英実

キムさんは、エクステだけでなく、実はアートメイクの腕も抜群。日本から来た友人が他店で失敗した眉毛を相談に行ったところ、目立たないように修正してもらえました。そうした技術を持っている人は少ないのではないでしょうか。アートメイクはお肌に色素を埋め込むものなので、熟考の上で施術を受けたいものです。キムさんはお姉さんのように親しみやすい方なのでいろいろ相談に乗ってもらえます。気軽にサロンに足を運び、ソウルで美人になりましょう。 続きを読む



白樺樹液を素材にしたスパークリングワインはいかが?

[2013/09/29] 田中ティナ

今でこそ会社としても軌道にのり、スウェーデン国内はもとより、国外でも飲まれているSavだが、ペーテルさんが開発を始めたころは試行錯誤の連続だった。エコエンジニアだったペーテルさんが、このプロジェクトを立ち上げたのが1989年。「1785年ころに考えられたレシピを元に、自宅のキッチンで実験を重ねました。2006年、ようやく今の規模の製造ラインとなったんですよ」失敗続きでも途中で投げ出さずに、努力されたペーテルさんの情熱が、世界に類を見ないユニークな味をつくりあげた。 続きを読む



フィッシュタコスを食べにエンセナーダへ行こう

[2013/05/24] 宮谷千英

主にローカルの人々のメイン通り、Av.Juares(5th)の通りを中心にいろいろな屋台が味を競っている。この通り添いの屋台のフィッシュタコは12ペソから14ペソ。使っている魚はどこもシャーク、つまりサメである。いろいろな種類のサメがあるが、マコと呼ばれるサメは一番値段が高い。アンゲリホと呼ばれるサメもよく使われている。アンゲリホはきれいな白身で、日本の魚で言えば、高級フグのような淡白で美味な味。マコは少し色がついていて弾力も有り。どこで食べても新鮮度は高いので、失敗はないだろう。 続きを読む



芸術をこよなく愛する国 ロシアで本場の芸術を味わおう!

[2012/06/02] 西川さや香

1898年に俳優スタニスラフスキーと演劇人ネミロヴィチ=ダンチェンゴにより創設されたチェーホフ記念モスクワ芸術座。ここはサンクトペテルブルグで初演をし、失敗に終わったチェーホフの作品「かもめ」の再公演で大成功を収めた彼ゆかりの劇場です。大成功の鍵−それはチェーホフが監督・役者が演じる前に丁寧に話し合いを重ね、彼が作品に込めた思いを全員が共有したことにあるそう。そんな作品への情熱が息づくこの劇場で、舞台を愉しむのもお勧め。ちなみにチェーホフは、後にこの座の女優オリガ・クニッペルと結婚しています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 失敗」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。