「子ども」に関連する現地ガイド記事

「子ども」に関連する現地ガイド記事

子どもに関する現地ガイド記事を集めました。子どもの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ここはどこ?ジャングルの中にお城が出現  世界初の完全オーガニックリゾート

[2017/02/20] 岩佐 史絵

まるでコルマールの町の領主の館、といった風情のリゾートではありますが、コルマールがテーマパークで子どもも楽しめるアクティビティがいっぱいあるのに対し、ザ・シャトーはお子様連れでの利用・宿泊ができません。大人のための高級リゾートで、テーマはオーガニック。心も身体も美しくなることを目的とするオーガニックリゾートは世界中いたるところにありますが、こちらは室内にあるリネンやバスアメニティに至るまで、できる限りオーガニックや自然素材にこだわっています。 ヨーロッパ基準によるオーガニック認定を受けたホテルと… 続きを読む



アンコールワットのある町、シェムリアップの楽しみ方

[2017/02/15] りんみゆき

世界中のランナーが12月に開催されるアンコールワット国際ハーフマラソンに参加するため、シェムリアップに大集合します。2016年は21回目。参加費は義足や地雷の被害者に寄付されます。このマラソンが他と違うのは、世界遺産で義足のランナーや車椅子ランナーと一緒に参加できること。コースは3キロ、10キロ、ハーフがあり、スタートとゴール地点はアンコールワット前。途中村を走ると地元の子どもたちが集まってきて、ハイタッチをしたり応援をしてくれます。給水ステーションの先では子どもたちがプラスチックのボトルを集め… 続きを読む



お気楽・お手軽に楽しめるチューリッヒ郊外の動物園

[2017/01/29] ロッテンマイヤー

入場無料というお手軽さは、この動物園の最大のメリットではないでしょうか。そのため、こちらには日頃のお散歩や日課のジョギングコースとしても利用される方が多く訪れます。周囲をぐるーっと森で囲まれた園内は、まさに森林浴にももってこい。また、お天気の良い日には、お子さんを連れてお出かけもGood。園内の至る所に子ども用遊具場が設置されているので、お弁当を持参してピクニックをしている親子もよく目にします。週末、特に日曜は大抵の店舗がお休みのスイス。旅行中、「のんびり過ごしたい」、そんな時にもおススメのスポ… 続きを読む



2017年はルターの宗教改革500周年

[2017/01/20] 沖島博美

まずはエアフルトへ。ルターはザクセン・アンハルト州のアイスレーベンという町に生まれ、最後もこの町で亡くなっている。鉱夫だった父は子どもたちには高い教育を受けさせようと必死だった。ルターは成績が良く、父の意向で法律家になる道を歩んでいた。エアフルトの大学で学んでいたある日、彼は落雷に遭って一命をとりとめる。その時に神を信じて救われたことが契機となって修道士になることを決意する。息子をエリートにさせることが夢だった父親の落胆は激しく、必死で止める。しかしルターは聞き入れずにエアフルトのアウグスティー… 続きを読む



古代ローマの遺跡ダラとネクロポリス

[2017/01/19] オキシマ・ヒロミ

ダラには深さ18mと21mという大きな貯水槽がある。1つは市民用の貯水槽で町の中に、もう1つはよそ者を町に入れないため市壁の外に造られた。保存状態が良く、こんな立派な貯水槽をよく2つも造ったものだと感心する。ダラは細長い町だったようで、何となく輪郭は判るが古代都市の面影は微塵もない。遺跡の向こうにクルド人の集落があり、観光客の姿を見ると子どもたちがワッと遺跡の壁の隙間から中に入って来た。クルド語なのであろう、盛んに話しかけてくるがさっぱり判らない。朽ちた石壁は子供たちにとって格好の遊び場だ。現実… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 子ども」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。