「子ども」に関連する現地ガイド記事

「子ども」に関連する現地ガイド記事

子どもに関する現地ガイド記事を集めました。子どもの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

マラケッシュ発3日間のサハラ砂漠ツアー

[2018/05/18] りんみゆき

「子どもと一緒にサハラ砂漠を体験したい!」と思い調べてたどり着いたAndo Travelの3日間ツアーに参加しました。マラケッシュでは滞在しているホテルまでお迎え。英語のガイド兼ドライバーが運転するミニバスは満席でマラケッシュを出発、アトラス山脈をぐんぐんと進んで行きます。子どもの参加も可能ですが、移動時間が長くトイレ休憩も少ないので、小学生高学年以上だと楽しめるでしょう。1987年に世界遺産に登録されたアイト・ベン・ハドゥはハドゥ族のカスバ。カスバとは外敵から守る城壁に囲まれた要塞のこと。ハリ… 続きを読む



聖地を巡るベツレヘム

[2018/04/29] りんみゆき

ベツレヘムは東エルサレムに位置するパレスチナ自治区。テレビなどのイメージだと「よくわからないから、ちょっと怖そう、、、」。でもそんなことはありません。高い分離壁のボーダーコントロールでパスポートを見せて、通ります。ガイドつきツアーだと、ここでガイドも自治区のガイドさんと交替。降誕教会(Church of Nativity)はキリスト教徒なら誰もが一度は足を運びたい、キリストさまが生まれたとされる教会。入り口は狭く、大人は屈まないと入れません。中は広く、奥の方にある石段を降りると、その場所が!この… 続きを読む



ほのかにレトロで子どもにやさしい遊園地――リンナンマキ

[2018/04/07] 靴家さちこ

子ども連れのフィンランドの旅といえば、マリメッコ、アラビア、イーッタラ、アルテック……とつい大人がショッピングに夢中になって、子どもといえば、シベリウス公園でちょっと遊ばせてあげたぐらいだったかも……なんてことになりそうではありませんか?もちろん、飛行機に乗れるだけでも、ヨーロッパの街中を移動するだけでも、子ども達の目は輝いて、毎日たくさんの刺激を受けることでしょう。でも、滞在中の一日だけ、1950年創立のヘルシンキの老舗遊園地「Linna:nma:ki(リンナンマキ)」に出かけて、お子さんをも… 続きを読む



未知の国イスラエルが今おもしろい!

[2018/04/04] りんみゆき

ヤッファの旧市街はイエス・キリストの弟子であるペテロが滞在したこともある歴史のある街。皮なめし職人をしていたシモンの家やペテロ由来の聖ペテロ教会と修道院があります。また18世紀に建築された建物が美術館になったイスラエル人アーティストのイラナ・グール(Ilana Goor)美術館では、不思議で奇妙な芸術品の数々を鑑賞できます。古い旧市街の片隅にモダンな「オレンジの樹」のアートピースがあったりと、街中にアート作品や壁アートが溢れています。子どもの感受性も磨かれそうですね。迷路のように入り組んでいる旧… 続きを読む



あのチャップリンが目の前に! 映画色満載、オープン約2年の邸宅博物館「チャップリンズ・ワールド」

[2018/03/07] 岩澤里美

喜劇王チャーリー・チャップリンが、スイスに住んで最期をむかえたと知っているでしょうか。スイスは自然が多く、ヨーロッパの中でも安全で、著名人に対して騒ぎ立てない国民性で、有名人が静かに暮らしやすいと言われています。レマン湖に面した西部ヴヴェイの駅前から高台へ向かうと、ワイン畑が広がります。チャップリンは、そこに理想の家を見つけ、妻と8人の子ともたちと1977年に他界するまで幸せに過ごしたそうです。その自宅が博物館「チャップリンズ・ワールド」として、2016年4月から一般公開されています。構想から1… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 子ども」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。