「子ども」に関連する現地ガイド記事

「子ども」に関連する現地ガイド記事

子どもに関する現地ガイド記事を集めました。子どもの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

夏休みは清涼なブルターニュ、ロスコフに行ってみよう

[2017/09/03] 竹内真里

フランス人が毎年楽しみにしている夏の長期休暇。学校によるものの、だいたい6月半ばから7月初旬に終業し、9月から新年度が始まるのですが、5月にもなると「夏休みはどこに行くの? 何する予定?」と会話に出てきます。バカンスの計画を練るのは得意中の得意で決断・行動も早いです。子どもが低学年のうちは登校日が残っていても早めに切り上げ、さっさとバカンスに突入してしまう家庭もあります。特に8月のパリはぐっと人が減り、ガランとして静かです。行き先は国内外さまざまですが、パリジャンは地中海の青い海と灼熱の太陽を求… 続きを読む



子連れのデュッセルドルフ街歩き

[2017/09/01] りんみゆき

デュッセルドルフでは規模が大小さまざまな青空市がどこかしらで開催されています。カールシュプラッツは朝早くからオープンしている、デュッセルドルフ市民の台所。馴染みのない果物や色鮮やかな野菜、ハムやチーズの塊など見たことのないものもあって、子どももわくわく。活気があって、お店の人とちょっとした会話を交わすことができるのもうれしい。イモが主食の国だけあって、数十種類のイモだけを売っているお店もあります。サンドイッチスタンドやサラダスタンドなどでは自分のチョイスで中身が選べるので、気になるものをいくつか… 続きを読む



女子旅にも親子旅にもピッタリな「エマール・スクエア」でトルコの最新モールを体感!

[2017/08/27] Yeni

地上2階、地下4階建ての巨大ショッピングモールは、ゆっくり回れば一日かかるほど。まずテラス階と地上階には、海外高級ブランドショップとレストラン、そしてアートギャラリーが並びます。トルコのモールトレンドとして、ゆったりした屋外の敷地に高級ブランドやカフェ・レストランを出す傾向がありますが、ここも例外ではありません。親子で出かけるなら、特に地下一階に注目です。この階には映画館の他に、水族館「EMAAR AKVARYUMエマール・アクアリウム」と、巨大ワニやペンギン、ラッコ達が見られる水中動物ガーデン… 続きを読む



カクテルアワーの長さはKL一 シェラトンインペリアル

[2017/08/18] 岩佐 史絵

Sheraton Imperial Kuala Lumpur HotelJalan Sultan Ismail, Kuala Lumpur, 50250, Malaysia Phone: 60-3-2717-9900http://www.sheratonimperialkualalumpur.com/◇パヴィリオン・ラウンジアフタヌーンティー 14時〜17時84リンギット/大人42リンギット/子ども(9歳〜12歳)(税・サービス料込) 続きを読む



「文化の秋」を満喫するなら、北欧最大のデザインの祭典「ヘルシンキデザインウィーク」で!

[2017/08/14] 靴家さちこ

デザインといえば、フィンランドは「都市デザイン」でも優秀な国なので、より暮らしやすい街の在り方に関心を示す人が多いです。「建築の父」の異名を持つアルバ・アアルトの存在も健在で、多くの人から尊敬されています。そんなフィンランドの未来の建築家を育てる「アルッキ」という、子ども用の図画工作教室主催のレーゴブロックを使った子ども向けのワークショップは、毎年大人気です。中には子供たちより真剣になってしまうパパもいるようですが、その間ママはゆっくり展示やショッピングを楽しんでいるという具合。英語もフィンラン… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 子ども」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。