「宮殿の中」に関連する現地ガイド記事

「宮殿の中」に関連する現地ガイド記事

宮殿の中に関する現地ガイド記事を集めました。宮殿の中の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

究極のエクスクルーシブ感 世界遺産の宮殿に宿泊

[2016/10/23] 岩佐 史絵

華々しい貴族文化が今もそここに根付くオーストリア。とりわけウィーンはかのヨーロッパ名門王家ハプスブルク家の宮殿や最後の皇帝フランツ・ヨーゼフの収集品が収蔵されている美しすぎる博物館など、豪奢な建築物が今に残り、街を歩くだけでもかつての栄華を感じることができるのが魅力。そんなウィーンでの滞在をよりゴージャスに彩るのなら、たった1室だけのスイートルームに宿泊するのはいかがでしょう。 そのロケーションは、なんと宮殿の中! かつてハプスブルク家の夏の離宮として使用されていたシェーンブルン宮殿は、今や世界… 続きを読む



ケンブリッジ公爵夫妻が住むロンドンの宮殿へ行ってみよう!

[2014/07/22] ディキンソン恵子

ケンジントン宮殿では、王室のファッションを特集した展示などもあるのですが、なんと言っても見逃せないのはメアリー2世が使っていたクイーンズ・ステイト・アパートメントやキングズ・ステイト・アパートメントです。それぞれのアパートメントには、ギャラリーと呼ばれる大きな部屋があるのですが、特に見応えがあるのはキングズ・ギャラリー。宮殿の中の一番大きな部屋で、ほぼジョージ1世のために装飾された1727年当時のままだそうです。キングズ・ギャラリーは、絵画のコレクションを展示したり、エクササイズするのに使われて… 続きを読む



ここは穴場!この村のプラサ・マヨールを知って自慢しよう!

[2013/05/06] 田中富子

宮殿の中でも特に目に留まるのは、何と言ってもPALACIO DE LA CONQUISTA(コンキスタ邸)であろう。ピサロの功し記念として16世紀に建設されている。建物の角に造られているバルコニーが印象的であるが、そのバルコニー上部には繊細ながらも実に悠然としたピサロ家の紋章の彫刻を伺うことができる。その彫刻はその当時”征服”がいかにこの町を賑わせたということを察することができるが、同時にその紋章は実に残虐でもあり歴史の変遷を見ることができよう。この宮殿は18世紀に再建されている。 続きを読む


宮殿の中に作られた歴史あるAlbertina美術館と併設のお洒落なカフェ・レストラン

[2010/07/15] バレンタ愛

ウィーン中心地にある素晴らしいコレクションを備えたアルベルティーナ美術館の歴史は19世紀初めまでさかのぼります。ネオクラシック形式の建物で、第二次世界大戦時にはダメージを受けたものの、その後キレイに修復され、カール大公やフリードリッヒ大公などの人々が過ごした豪華な宮殿が見事に再現されています。部屋は一般公開されているので、接見の間、女神ミューズの広間やティーサロン、ロココ広間などの部屋を見て回ることが出来ます。 続きを読む



テムズ河上流湖畔にあるヘンリー8世の城、ハンプトン・コート宮殿

[2009/06/12] ディキンソン恵子

ヘンリー8世で有名なHampton Court Palace(ハンプトン・コート宮殿)は、ロンドン周辺にある宮殿の中では最大級の規模! ヘンリー8世の子供エドワード王子が洗礼を受けたり、5番目の妻キャサリン・ハワードや6番目の妻カタリン・パーと結婚したのも、このハンプトン・コート宮殿だったそう。それにあのシェイクスピアも、この宮殿内のグレート・ホールでジェームス1世のために「国王一座」を演じたこともあるそうです。毎年7月にフラワーショーなどの催しも行なわれる庭園も、とても見応えがありオススメです… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 宮殿の中」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。