「家具、美術館、ロンドン」に関連する現地ガイド記事

「家具、美術館、ロンドン」に関連する現地ガイド記事

家具、美術館、ロンドンに関する現地ガイド記事を集めました。家具、美術館、ロンドンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

イギリス人がコッツウォルズを愛する5つの理由

[2015/05/26] マチルダ

イギリス人の老後の夢をご存知ですか?若い時にお金をため、コッツウォルズに家を持つことが多くの人達のステータス。実際、定年後の方や早期退職、もしくはセレブが家を持っています。また、ロンドンから2時間ほどで訪れることができるので週末にプチ旅行も可能。このコッツウォルズ地方は、オクスフォードやバースなどの都市から、バートンオンザウォーターやバイブリーなど一本のメインストリートに家が並んでいるだけのような小さな村などが集まって出来ています。特徴は、この地方で採掘される蜂蜜色のレンガで出来た家々です。 続きを読む



ピカソ・ダリ・ヘミングウェーも通ったLONDON BAR!

[2010/04/25] 鈴木美佐子

カフェ・バー文化が盛んなヨーロッパ。ここバルセロナでもいたるところでBAR(バール)を見かけます。イギリス・アイリッシュスタイルのPUB(パブ)も人気で、市内では沢山見かけることでしょう。今回ご紹介するスポットはちょうど今年で創業100年となる、バルセロナでも老舗のパブ「LONDON BAR」(ロンドン バー)です。地元の人でも賑わうボヘミアな雰囲気漂うバーで食後にお酒を楽しんではいかがでしょうか!? 続きを読む



フィレンツェのプライベートパレスで展示される、美術館所蔵級の宝物!?

[2009/08/03] 木場しのぶ

イタリア中のアンティーク愛好者が楽しみに待っている、2年に一度のビッグな祭典、『ビエンナーレ国際アンティーク展示市』 が今年もまた回ってきます。開催は9月26日から10月4日までの9日間。このイベントはイタリアで初めて開かれた古美術品の展示市で、1959年に誕生しました。芸術の都、フィレンツェに似つかわしいイベントですよね。晴れて50年目のアニバーサリーとなる今年、さてどんな芸術作品や装飾品がお目見えするのでしょう!? 続きを読む



“ウィリアム・モリス・ギャラリー”でモリスのルーツに迫ってみよう!!

[2008/08/18] ディキンソン恵子

イギリスのArts and Crafts Movement(アーツ・アンド・クラフツ運動)、そして社会主義の先駆者である、ウィリアム・モリス。19世紀に生きた、芸術家、デザイナー、ライター、思想家といくつもの顔を持つモリスは、それぞれの分野で活躍し、モダン・デザインの父とも呼ばれています。彼の率いたアーツ・アンド・クラフツ運動は、生活に根付いた芸術を育んだ運動で、世界各国の美術運動にも大きな影響を与えました。そして、モリスが幼少の時(1848〜1856)を過ごしたウォーター・ハウスが、現在はウィ… 続きを読む



ショッピングの合間にウォラス・コレクションへいってみよう!

[2008/05/23] ディキンソン恵子

ロンドンの有名なショッピング街、オックスフォード・ストリートからすぐ近くのThe Wallace Collection(ザ・ウォラス・コレクション)。ティツィアーノやレンブラントの素晴らしい展示品ばかりでなく、ロンドンの18世紀後半のタウンハウスの様子や当時の部屋の作りなどの詳細にも目を配りながらの鑑賞は、何とも言えない楽しみです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 家具、美術館、ロンドン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。