「小泉八雲」に関連する現地ガイド記事

「小泉八雲」に関連する現地ガイド記事

小泉八雲に関する現地ガイド記事を集めました。小泉八雲の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

イオニア諸島に、新しいリゾート地が誕生する予定!

[2014/07/29] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャが400年近くオスマントルコに占領されていた時代、イオニア諸島は主にイタリアの統治下にあったため、たくさんのイタリア風の町並みが残っているのが特徴の一つです。ケルキラ(別名コルフ)島は、そうしたイタリア風の町並みが特に顕著な島で、町並みも、美しいビーチもともに魅力的な島です。レフカダ島は、日本では小泉八雲(レフカディオ・ハーン)の出身地として知られていて、現地に石碑なども建っていますが、ギリシャでは有名なビーチなどで知られている島です。また島とはいうものの、地続きで島に入れるため、船に乗… 続きを読む



2013年は、絶対お得なギリシャへ!

[2013/05/09] アリサンドラトゥー芳香

まずは最近ヨーロッパでベスト10に入ったギリシャのビーチが3か所。1位がザキントス島のナヴァギオ・ビーチ、5位に、小泉八雲の出身地、レフカダ島のエグレムニ・ビーチ、そして7位にペロポネソス半島とキシラ島の間にあるエラフォニソスが入ったそうです。ほかにもよくヨーロッパやギリシャで選ばれる超人気ビーチといえば、同じレフカダ島のポルト・カツィキ、ケファロニア島のミルトス・ビーチ、クレタ島のハニアにあるバロス、ミロス島のサラキニコ・ビーチ、テッサロニキに近いハルキディキのサルティ・ビーチ、ケルキラ島のそ… 続きを読む



小泉八雲のふるさと、レフカダ島へ!

[2010/07/13] アリサンドラトゥー芳香

「怪談」などの作品で知られる明治時代の作家、小泉八雲(1850〜1904)は、ギリシャ人の母親がレフカダ島で生んだことから、島の名前にちなんでレフカディオ・ハーンと名付けられ、2歳までこのレフカダ島のレフカダで育ちました。小泉八雲の生家跡と銅像をレフカダ島の中心地であるレフカダの町で見つけることができます。町はこじんまりしていて簡単に周れるので、是非散策して見つけてくださいね。銅像は町の中心に近い、海に面した公園に、そして生家跡の残る細い路地はラフカディオ・ハーン通りと名付けられています。 続きを読む



ケファロニア島の美しい村「フィスカルド」の魅力

[2009/06/29] アリサンドラトゥー芳香

ケファロニア島は、ギリシャで別称「エフタニサ(7つの島)」とも呼ばれる、イオニア海の島の一つ。このケファロニア島のすぐ隣には、日本に帰化した作家の小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の故郷レフカダ島もあります。このケファロニア島の北端に位置するのが、とっても小さな村フィスカルド。ここは、ケファロニア島で一番美しい村と言われています。というのも、イオニア諸島のザキントス島、ケファロニア島をほぼ全壊させた1953年の大地震の後、これらの島々では半壊した家がそのまま放置されている風景をよく見かけますが、こ… 続きを読む



アドリア海にて一泊のミニクルーズ 〜ギリシャからイタリアへ〜

[2007/10/10] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャのパトラス港を出航したあとは、映画「コレリ大尉のマンドリン」の舞台であるケファロニア島、オデュッセウスの島といわれるイタキ島のそばを通り抜け、小泉八雲の故郷、レフカダ島(レフカディオ・ハーンという小泉八雲の本名はこの島の名にちなんでいます。)のそばを通過。そして次のギリシャ最後の停泊地イグメニッツァへ寄航後、ギリシャ人にも一番人気のケルキラ島(別名コルフ島)などを望みつつ(★注意★特に冬の日の短い時期は、パトラス夜出発の便だと途中の景色がほとんどわかりません。アンコーナ行きの昼の便、もし… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 小泉八雲」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。