「小物」に関連する現地ガイド記事

「小物」に関連する現地ガイド記事

小物に関する現地ガイド記事を集めました。小物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

女子旅の行き先!キュートなチャイナグッズ&台湾雑貨なら「雲彩軒」

[2017/11/16] 中園 まりえ

「雲彩軒」で一番人気は、何と言ってもチャイナファブリック。定番の「チャイナストラップ」から「ティッシュケース兼小物入れ」「手提げバッグ」「チャイナ服型の小銭入れ」と種類も豊富です。それぞれ細かな刺繍が施されれていたり、洗練されたチャイナ生地をしようしているので上品で、オーナーがデザインと質にこだわってセレクトしていることが伺えます。チャイナ雑貨の一部は、まとめ買いで値引きサービスもあるので、自分とは色違いで、お友達に職場にと賢いショッピングをできるのでうれしい限り! 続きを読む



デンマークデザインの靴を現地でショッピング♪ 注目の4ブランドガイド

[2017/10/18] MizukiPoulsen

デンマークの靴といえばECCO。ヨーロッパはもちろん、日本を含め世界中に店舗を持つブランドです。履きやすく、クラシックなデザインが特徴です。スニーカー、サンダル、アウトドアシューズ、ブーツ、ビジネスシューズなど、レディース、メンズ、キッズで展開しています。バッグや革小物もシンプルで使いやすくて人気です。■ECCO Oestergade支店住所:Oestergade 55, 1100 Koebenhavn 続きを読む



何これ!?レアなアンティーク品と出会えるマーケット「BIO BIO(ビオビオ)」

[2017/10/08] 鰐部マリエ

ところで、みなさんはチリのアンティーク品というとどのようなものを想像しますか?チリはスペインの植民地だったこともあり、ヨーロッパからの移民や輸入品がとても多かったこともあり、19世紀のヨーロッパで使われていた日用品や小物なども沢山売られています。同時に昔ペルーやボリビアから輸入した銀細工などもあり、ヨーロッパと南米の古いものがごちゃ混ぜになりながら置いてあるので、眺めて歩いているだけでもとても面白いのがビオビオのアンティークマーケットの特徴です。 続きを読む



一日中でも楽しめる、グアダルーペで一番古いワイナリー

[2017/09/23] 宮谷千英

今回ご紹介するワイナリーは、「アドベ・グアダルーペ」。1999年に、アメリカ人とオランダ人の夫婦がワイン造りと馬の飼育のためにグアダルーペバレーへやってきたのが始まりだそう。テイスティング料金は2種類。日本円にすると約1200円と1800円ほどと安くはないが、質の良いワインばかり試せるのでお得な価格であると思う。テイスティングルームにはギフトコーナーがあり、ワインはもちろん、メスカルやテキーラ、自家製オリーブオイル、ジャムなどのグルメ食品のほか、色々な小物が売っていて、見るだけでも楽しめるだろう… 続きを読む



バルセロナ近郊最大の蚤の市 SANT CUGATのMERCANTC

[2017/06/19] 鈴木美佐子

もともとセラミック工場跡地にアンティーク、ヴィンテージ専門マーケットとして、このMERCANTICがオープンしたのは1992年。オープン以来アンティーク好きには人気のスポットです。その広さ1500m2とかなり大きなスペースには専門店があり(こちらは平日オープンしているところも)週末になると蚤の市が開かれます。アクセサリー、食器などの小物から家具まで、なにかいいものあるかな・・・とのんびりと週末の時間を過ごす人で一杯です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 小物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。