「小物」に関連する現地ガイド記事

「小物」に関連する現地ガイド記事

小物に関する現地ガイド記事を集めました。小物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

見るだけでも楽しい家具店で、マヤ文明の神秘を感じてみよう

[2016/12/13] 宮谷千英

色味も3種類。伝統的な茶色や緑色などのアースカラー系。春を想像する明るい色系。ターコイズや紫を使ったマルチカラー系。マヤの織物をデザインによっていかに美しく見せるか、アートが光る作品になるのか、そんなこだわりから生み出される美しい家具は、毎日を豊かにしてくれるに違いない。伝統的なものから新しく斬新なものまでデザインも多様。匠の腕を持った職人さんたちが細部にわたり神経を使って仕上げた素朴な家具とここにしかない個性的な小物類である。 続きを読む



未知の街、プノンペンの楽しみ方

[2016/12/11] りんみゆき

カラフルな夢いっぱいのいろんな職業につく人たちの絵が描かれている黄色い壁がFriendsを探す時の目印。1994年に設立されたこの団体はストリートチルドレンに職業訓練の機会を与え、レストランで働きながら収入を得て自立できるようにサポートしています。隣にあるショップではリサイクルして作られたユニークな小物が売られていて、全てが手作り。新聞紙で作られたカバンやタイヤとラグビーボールで作られた財布など、商品はまるで博物館にある芸術品のよう。ネイルバーもあります。 続きを読む



ハンドブロックプリントの製品を扱うSOMAはジャイプール発の素敵なショップ

[2016/12/02] 溝内みな

インテリアコーナーのディスプレイは本当に素敵で、その他にも数々の小物が取り揃えてあります。カーテン、ベッドカバー、ベッドシーツ、枕カバーは、あえて全部同じ色にしないで、ディスプレイのようにコントラストを楽しむのがおしゃれ上級者の感じですね!また、キルティングの夏掛けは、近隣の主婦が丁寧にひとつひとつ手刺繍した製品で、こちらもオススメです。その他、バッグ、ポーチ、ペンシルケース、コインパース、エプロン、オーブングローブ、テーブルカバー、テーブルマットなど小物類も要チェックです。 続きを読む



女性の自立を助けているマルディンの土産物店

[2016/11/08] オキシマ・ヒロミ

マルディンは南東アナトリアの人気観光都市。初めてここを訪れた人は必ず魅せられ、マルディンの虜になってしまう。古代都市の面影、アラビア風の建物、シルクロードの香り、ちょっとスペインを思わせる路地。西北トルコにはない町全体の雰囲気に、西北に住むトルコ人が異国情緒を感じる魅力的な町なのだ。町全体が、南に面した急な丘の斜面に階段状に開けている。中心部には大きな石造りの館が多く、家の前は道、家の後ろも道でそこには段差がある、という具合である。バザールも中心部にあり、銅を叩いて造る銅細工の小物がたくさん売ら… 続きを読む



ルートヴィヒスブルクのクリスマスマーケット

[2016/11/07] 沖島博美

地方都市でも盛大なクリスマスマーケットが開かれるのがドイツだ。小さな町のマーケットは観光客相手ではなく地元の人向けであるため11月初めから開くことはない。殆どの町がアドヴェント期間を守っている。12月24日の直前の日曜日からさかのぼって4週間目の日曜日からアドヴェントが始まる。12月1日、2日、3日が日曜日の場合は、12月から始まるが、それ以外は11月末からアドヴェント期間となる。町の中心広場に市が立ち、人々はクリスマスを迎える準備の買い物をする。マーケットの開場はアドヴェントの前日の土曜日から… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 小物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。