「小龍包」に関連する現地ガイド記事

「小龍包」に関連する現地ガイド記事

小龍包に関する現地ガイド記事を集めました。小龍包の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

予約もできて安心!5つ星ホテルのビュッフェ式アフタヌーンティー『Tiffin Lounge』

[2010/03/18] 宮 江梨子

香港らしく、デザート以外のビュッフェ・スナックには各種サンドイッチの他に、小龍包や春巻、焼きそばなど美味しい飲茶メニューもしっかり揃っています。香港人の大好きな手羽先グリルまであるのには、ちょっとビックリ。甘いものを食べた後には何故かしょっぱいものも食べたくなりますが、デザート同様、スナック類もどれにするか迷いそう。お腹を空かせて来ても、種類豊富なサンドイッチと飲茶でお腹も満足すること請け合いですよ。食欲の赴くままに、お好きなものからどうぞ♪ 続きを読む



美味しい坦々麺と小龍包が人気!『翡翠拉麺小龍包』

[2009/05/07] 宮 江梨子

そして上海料理と言えば、ベタと言われようと忘れてはならない小龍包。ここの小龍包は大きめで、口に入れるとお肉の柔らかさとジューシーなスープが広がります。さすが、店の名前に小龍包を冠してるだけあって美味しい! 値段も4個入りでHKD26(約360円)のお手頃価格。なお、この『翡翠拉麺小龍包』は日本にも進出したそうです。ただ、こちらで食べるほうが安くて本格的なハズ。もちろん、食文化の発達した香港は本場上海の味にも負けていないと思いますが、アジア各国の支店で食べ比べてみるのも面白いかも? 何はともあれ坦… 続きを読む



お昼なら一人300円で大満足!本格中華が格安で楽しめる「点心世界」

[2009/02/25] 井伊 誠

さて、プノンペンには高級店から庶民派の店までさまざまな中華料理店がそろっていますが、庶民派中華のおすすめとして、モニボン通り沿いの「点心世界」をご紹介しましょう。ここのおすすめは店名の通り「点心」がおすすめです。なかでも個人的なお気に入りは水餃子、揚げ春巻き、小龍包、焼売の4つ。日本の下手な中華料理店で小龍包を注文すると、なかのスープがすっかり抜けきってしまったものを出されることがありますが、点心世界の小龍包は旨味のたっぷりつまったアツアツのスープがぎっしり詰まっているのです。これに中国の黒酢を… 続きを読む



有名飲茶専門店『誉満坊』は夜でも美味しい飲茶を味わえるお店

[2008/12/26] 宮 江梨子

ここは飲茶の専門店だけあって、点心の種類も豊富。その数、120種類以上! 金箔を乗せたフカヒレ&蝦の餃子といった創作メニューから小龍包や中華チマキなどの定番メニュー、そして数こそ少ないもののベジタリアン点心も揃っています。点心の味はもちろん、保証付き。さすが専門店だけあって、どれを食べても美味しいですよ! ちなみに、二人分でお値段HKD500(約7000円)というツバメの巣を使った高級デザートもあります。興味があればお試しを。なお、このお店には写真付きのメニューがあるので、英語や中国語が分からな… 続きを読む



見かけたら思わずテイクアウトしちゃう、アツアツ中国式おでん

[2008/08/18] ミツ

前置きがちょっと長くなりましたが、「食べたいときに食べる」中国人は、食事と食事の間でも、よく「小腹を満たす」ものを好んで食べています。「小吃(シャオチー)」と呼ばれるものがそうで、つまりおやつのこと。基本買ったその場で、もしくは歩きながら食べることがほとんどです。小吃は麺や小龍包などその種類は様々ですが、そうした古からあるものに加えて、最近非常に人気なのが、なんと日本発の「おでん」。特に若い人に人気のよう。意外ですよね!?とは言っても、日本のおでんとはちょっと違うんです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 小龍包」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。