「屋台」に関連する現地ガイド記事

「屋台」に関連する現地ガイド記事

屋台に関する現地ガイド記事を集めました。屋台の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

プラハで一番の人気者、橋の上のヤン・ネポムツキー

[2017/04/06] 岸 博美

初めてプラハを訪れた人が、まずは最初に行くのはカレル橋であろう。プラハ城があるマラー・ストラナ地区と旧市街とを二分するように流れるヴルタヴァ川に架かる橋である。全長およそ515メートルの長い橋で、幅は10メートル近くもある。車は通れないため橋の上はまるで細長い広場のように屋台が並び、あちらこちらでパフォーマンスが繰り広げられている。中心部には旧市街広場という大きな広場があるが、賑やかさはカレル橋も負けていない。屋台やパフォーマンスの前では人が立ち止まるが、いつも人垣ができている所がある。それは橋… 続きを読む



モチモチ好き集まれ!【台北】タピオカ特集

[2017/04/03] 中園 まりえ

台湾大学前に屋台がひしめき合う学生街、公館。その一角に、メガネおじさんの顔の看板が目印の【陳三鼎】があります。ここの1番人気が、【黒糖タピオカミルク】です。一般のタピオカミルクティーと違い、黒糖で煮込んだもちもちのタピオカに新鮮な牛乳を入れたシンプルな飲み物。ミルクティーとは違い、カフェインを気にせず、子供にも飲ませられるのも嬉しいですね。ここでしか味わえないと言われるタピオカの食感は、今まで食べていたタピオカの感覚を覆すことでしょう。サッパリ系がお好みの方には、愛玉ゼリーが入った「愛玉レモンド… 続きを読む



エンセナーダで食べたい屋台のシーフード!

[2017/03/17] 宮谷千英

観光客相手の賑やかな屋台からローカルの人が利用する静かな屋台まで、屋台の雰囲気も様々だ。港から山手に5ブロックくらいの間にほとんどの屋台はあるが、回ってみるとそれぞれのスタイルがあってとても面白い。ローカル色の豊かな通りでショッピングしながら、いろいろな屋台を試すのも旅の面白さかもしれない。洋服や雑貨など、観光客相手のメイン通りでは置いていないものも見つかり、本当のローカルの暮らしを垣間見る機会にもなるだろう。でも、何はともあれ、マリスコ屋台を試さずしてメキシコを語るべからず、なのである。 続きを読む



ユトレヒトで人気のベトナム・ストリートフード、キムメイド

[2017/03/15] ミツフィ

ユトレヒト旧市街の中心部に位置する、こじんまりとしたベトナム料理店「キムメイド (Kimmade)」。オーナーはホテルの厨房で10年間働いた実績があり、味は保証付きです。しかし彼によると「ベトナムでは本当に美味しい料理はストリーフードにあり、美味しい屋台では行列ができる」とのこと。「本格的なベトナムの味とストリートフードの気さくさをオランダで」というコンセプトの元、ユトレヒトにお店をオープンしました。ヘルシーで手軽、尚且つ美味しいキムメイドの料理は地元ユトレヒトで大好評。雑誌やローカルニュースに… 続きを読む



ブダペストのショッピングパサージュ、ゴジドゥ・ウドゥヴァル

[2017/03/11] Hiromi

デアーク・フェレンツ広場からキラーイ通りに入って進んでいこう。少し歩くと右手にゴジドゥ・ウドゥヴァルの文字が書かれた入口があるので判る。建物の一階を通り抜けていくと中庭があり、次の建物を通り抜けるとまた中庭がある。どこも店の前に屋台を出して道を狭めている。ここにはヴァーツィ通りにあるようなハンガリー的土産物店はない。手作りアクセサリーやバックなどオリジナルの小物が多い。高級レストランはないがモダンなインテリアのレストランやカフェ&バーが並び、夜は若者たちで賑わう。昼間は観光客らしき人も見かけるが… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 屋台」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。