「島」に関連する現地ガイド記事

「島」に関連する現地ガイド記事

島に関する現地ガイド記事を集めました。島の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

グアムの歴史を学びながら、大自然の中でリフレッシュ

[2017/10/16] NEMO

イナラハン村やゲフパゴ公園に行くにはレンタカーが便利です。ただ、公園内のボランティアの方は午前中にしかいないので、キャンディー作りなどを体験したいときは早めに行って下さいね。公園は年中開放されているので、お散歩だけならいつでも楽しむことができます。もっと詳しくイナラハンの歴史や伝統文化に触れたい方はツアー会社が企画している「島内一週コース」に申し込むのがお手軽。グアム各地の観光スポットを回りながら、日本語の説明も受けられるのでより深くグアムの歴史を知ることができます。ホテルや観光案内所で申し込め… 続きを読む



モントリオールの発祥地 「旧市街」

[2017/10/03] 佐々木 まゆ

ジャック・カルティエ広場のゆるやかな坂道を下ると、セント・ローレンス川に広がる港、「旧港(Old Port)」があります。旧港の見どころは「IMAXシアター」や「モントリオール・サイエンスセンター(The Montreal Sience Centre)」。また、たくさんのフェリーの発着場でもあり、万博の会場となった「サンテレーヌ島(Ile Ste-Helene)」に行くこともできます。旧市街から続く遊歩道は、美しい旧市街と広々とした港の眺めが楽しめるおすすめの散歩道です。 続きを読む



世界一が多いドバイ!で世界一体験と砂漠ツアー

[2017/09/26] りんみゆき

派手な演出が得意なドバイですが、ウォーターパークも例外ではありません。ロケーションはザ・パームという人口島の一番先端にあるホテルアトランティスに隣接。そこにあるウォータースライドには驚きの仕掛けが!なんとすべり台の最後は、サメが泳いでいる水槽の中にあるチューブをぬけてフィニッシュするのです。のんびりしたい人は浮輪にのって流れる川でプカプカするのもよし。幼児向けのキッズプールも広く一日中遊べます。パーク内の食べ物は割高なので、入場券購入時にミールパッケージにするとお得ですよ。 続きを読む



夏休みは清涼なブルターニュ、ロスコフに行ってみよう

[2017/09/03] 竹内真里

さらにロスコフから15分ほどナベット(小ぶりの舟)に揺られると、人口約500人、面積320ヘクタールのIle de batz島に到着します。周囲は4キロほどの小さな島です。夏の休日には1日に4千人ほどの観光客が訪れ海水浴やレンタサイクルなどを楽しみますが、大混雑はしないので、のんびりゆったり自然を感じたい人におすすめです。ブルターニュの食事と言えば新鮮な魚介類、ガレット(そば粉クレープ)がよく知られ、特に牡蠣やムール貝、カニ、オマール海老が有名です。飲み物はシードル、地ビール、ブルターニュのコー… 続きを読む



港のプールで涼む夏のコペンハーゲン! 無料の4スポットをご案内☆

[2017/08/16] MizukiPoulsen

コペンハーゲンは海に囲まれた港町。市内に面した海は島に囲まれているためとても穏やかです。そんな港に浮かぶプールのような公共施設があるのをご存知でしょうか。Havnebadet(港の浴場)と呼ばれ地元の人の夏の楽しみの一つです。1年中利用できる屋外施設ですが、オススメなのは強い日差しの中、冷たい水に飛び込める夏!思いっきり泳ぐことも、足だけ水に浸かることも、デッキに寝そべって日焼けもできますよ。デンマークが一番暑くなる7月前後に旅行される方にオススメです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 島」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。