「幽閉」に関連する現地ガイド記事

「幽閉」に関連する現地ガイド記事

幽閉に関する現地ガイド記事を集めました。幽閉の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ハワイ王国とその最後 〜 歴史を伝えるイオラニ宮殿

[2017/03/19] 綱島モミ

今はアメリカ50番目の州となっているハワイも、昔は独立した王国でした。イオラニ宮殿は、第7代ハワイ国王のカラカウアが建築を命令し、1882年に完成。宮廷・公邸として、その役目を務めてきました。王政の廃止後、ハワイ王国最後の女王であったリリウオカラニが幽閉された場所としても有名です。荘厳なこの宮殿は、ハワイ王国の隆盛と哀しい終わりを見届けました。 続きを読む



シュタルンベルク湖畔でルードヴィヒ二世を偲ぶ

[2016/09/16] 沖島博美

シュタルンベルク湖畔にはルードヴィヒ二世のベルク城があり、その対岸にはシシィが娘時代を過ごしたマクシミリアン公爵家の城がある。シシィは夏に里帰りした際にルートヴィヒと会い、周囲から理解されないお互いの境遇を語り合った。シュタルンベルク湖にはローゼンインゼル(バラの島)と呼ばれる小さな島があり、そこは二人の憩いの場だった。ルードヴィヒ二世はノイシュヴァンシュタイン城を建設するが、まだ完成せぬうちにリンダーホーフ城やヘレンキームゼー城など、絢爛豪華な城を次々に建設していく。そのためバイエルン王国の財… 続きを読む



エラドゥーラ展望台と修道士の飛び込み

[2016/01/01] 原田慶子

エラドゥーラ展望台に佇むレストラン・エル・サルト・デル・フライレのウェブサイトを参考に、その伝説について紹介しよう。『ある貴族が一人の孤児を引き取り、自分たちの娘と共に育てた。幼い2人は成長し、互いに惹かれあうようになった。娘の両親は激怒し、若者を修道院へ幽閉してしまう。若者はただ嘆き悲しむしかなかった。数年後、娘の元に謎めいたメモが届いた。「今日の午後4時、モロ(エラドゥーラを見下ろす丘)で待っています」それは修道士となった今も、彼女に一目会いたいと願い続けた若者からだった。その日の夕方、つば… 続きを読む



アーグラと神秘的なタージ・マハルを訪れる

[2015/09/29] りんみゆき

シャー・ジャハーンはタージ・マハールの対岸に黒い大理石の自分のお墓も建てる計画があったという説もありましたが、実現しませんでした。息子のアウランクセーブ皇子が反乱を起こし、シャー・ジャハーンは亡くなるまでアーグラ・フォートの対岸にあるタージ・マハールがよく見える白大理石の「囚われの塔」で幽閉されていました。ガイドブックを読みながらまわるのもいいですが、ガイドさんにいろいろと説明してもらうと歴史だけでなく、今のインドについてなども教えてもらえるのでおすすめ。相場は3〜4時間で1000〜1500ルピ… 続きを読む



ムガール帝国のシンボル!アグラ城へ

[2011/05/28] 鈴木千晶

もうひとつ見逃してはいけないのが、ムサンマン・ブルジュと呼ばれる塔。ここはタージ・マハールを建てたシャー・ジャハーン帝が晩年に息子のアウラングゼーブ帝に幽閉されたところです。ここからはヤムナー河をはさんでタージ・マハルを望むことができるのですが、シャー・ジャハーン帝はここでタージ・マハルを眺めながら失意の晩年をおくったと言われています。ムガール帝国の歴史と美学がたっぷりつまっているアグラ城。建築物の美しさと壮大さはもちろんのこと、ムガール朝の歴史も非常に興味深い!じっくり見学に訪れてみてください… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 幽閉」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。