「強制収容所」に関連する現地ガイド記事

「強制収容所」に関連する現地ガイド記事

強制収容所に関する現地ガイド記事を集めました。強制収容所の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オランダのユダヤ社会の歴史を知る。ユダヤ歴史博物館

[2016/07/20] ミツフィ

世界大戦下でナチス・ドイツがオランダを占領します。オランダのユダヤ社会の環境は激変しました。ユダヤ人達は財産や住居を没収され、強制収容所へと送られました。「アンネの日記」を読んだ方なら既にご存知だと思います。大戦前に14万人ほどだったオランダのユダヤ人口は、ホロコーストにより戦後は3万人位にまで減少したと言われています。民主主義の現代では、ヨプ・コーヘン前アムステルダム市長などの人材も輩出しています。しかし現在のオランダのユダヤ人人口で、戦前やそれ以前から続く血統のオランダ系ユダヤ人は僅かだそう… 続きを読む



ベルリン富裕層が暮らしていたヴァンゼー湖畔

[2016/07/07] 沖島博美

館の中には1階にサロンがあり、湖側のダイニングはカフェになっている。2階にはリーバーマンのアトリエがあったが、今は全室がギャラリーだ。このヴィラで描かれた多くの絵が展示されている。ユダヤ人だった一家はナチスが政権を掌握した1933年以降、苦難の道を歩むことになった。リーバーマンは失意の中で1935年に亡くなり、娘一家はアメリカへ逃れたが夫人は墓を守るためベルリンへ残る。1943年、夫人はテレージエンシュタット(現チェコ)の強制収容所へ移送される直前に自ら命を絶った。ここで庭や湖を眺めているとそん… 続きを読む



日本初!ポーランドへの直行便が2016年1月から就航

[2016/04/25] 寺田直子

中欧に位置するポーランド。実は見どころはとても多い。ショパン生家、ショパン博物館など偉大な作曲家にまつわる名所に加えて、一度は訪れるべき負の遺産、アウシュビッツ強制収容所をはじめ、世界最大級の塩の採掘所跡として有名なヴィエリチカ岩塩抗、クラクフ歴史地区、マルボルク城、ヴャウォヴィエジャ原生林、中世都市トルンと6つの世界遺産を有する国でもあるのだ。周辺にはチェコ、ハンガリーといった人気のエリアも多く、美しき中央の文化、アートにたっぷりと浸ることができる。新規就航の成田からの直行便で快適なポーランド… 続きを読む


チリへ来たらぜひ学びたい。軍事政権時代の歴史を感じる博物館へ!

[2016/04/07] 鰐部マリエ

当時の軍事独裁政権によって、反体制派狩りが行われチリ人口の10分の1に当たる100万人に当たる人々が国外逃亡をし、約10万人の人々がチリ各地に作られた強制収容所へ送られ拷問を受け、人権団体の調査によれば約3万人の人々が殺害されました。中には当時人気のフォークローレ歌手ビクトル・ハラはサッカースタジアムで虐殺され、ノーベル賞受賞者のパブロ・ネルーダは危篤状態で病院へ向かう途中に検問で救急車から引きずり出されそのまま亡くなりました。これらの多くの悲しい歴史が「Museo de la Memoria … 続きを読む



映画『暗い日曜日』の舞台を訪ねて

[2014/05/22] Hiromi

レストラン経営者ラ―スローと恋人イロナはピアノ弾きとしてアンドラーシュを雇う。常連客のドイツ人ハンスは美しいイロナに失恋してベルリンへ帰る。アンドラーシュもイロナに惹かれ『暗い日曜日』を作曲して捧げた。曲は有名になり悲しいメロディーを聴いて多くの自殺者が出た。一方、ナチス・ドイツの軍隊長となったハンスがブダペスト勤務となる。アンドラーシュは店に来たハンスに抵抗して自ら命を断つ。ハンスは多くのユダヤ人から賄賂を受け取って国外へ逃がすが、ユダヤ人であるラ―スローのことは強制収容所へ送った。戦後、80… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 強制収容所」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。