「復活祭、ドイツ」に関連する現地ガイド記事

「復活祭、ドイツ」に関連する現地ガイド記事

復活祭、ドイツに関する現地ガイド記事を集めました。復活祭、ドイツの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ドイツへの旅行準備

[2014/01/17] 各国現地ガイド

■治安ヨーロッパの中でもドイツは治安が良い。他の国に比べて観光が大都市に集中せず、小さな町が多いこともその理由であり、地方の小都市はどこも平和でのんびりしている。外国人労働者が多い大都市ではスリや置き引きの被害に遭うことはあるが、大きな事件に巻き込まれることはまずない。■トラブルに巻き込まれた時スリや置き引きに遭って財布を失った場合、カード類が入っているなら、何よりも先にカード会社へ連絡を。カードが使われる可能性があるので、一刻も早くカードを使えなくする。その次に地元の警察へ被害届けを出そう。カ… 続きを読む



春の訪れを告げるイベント、イースターマーケットにステキな卵の飾りを探しに行こう

[2009/01/19] バレンタ愛

日本ではあまり馴染みがないかも知れませんが、キリスト教の国にとっては大きなお祭り「復活祭(イースター)」があります。これは十字架に架けられて死んだイエス・キリストが3日目に復活した記念日です。復活祭は「春分の日の後、最初の満月の次の日曜日」と決められていて、2009年は4月12日です。そして次の月曜日も「イースターマンデー」と呼ばれ、祝日となります。イースターのシンボルとしては卵やウサギが使われ、そのシンボルを用いた様々な飾りが作られます。 続きを読む



復活祭が近づく街角 洗練された飾り付けのミュンヘン

[2008/02/18] Kei Okishima

春の輝く夜明けと登りゆく太陽の女神といえば、ゲルマンの女神「オステラ」。厳しい冬を越えねばならいドイツ人にとって、春の到来は待ち遠しくキラキラと光る瞬間だ。イエス・キリストの復活を祝う復活祭(英語でいうイースター)はドイツ語ではオステルン(Ostern)と言うが、これはこの女神オステラに由来する。十字架に架けられたイエスは、三日後に蘇った、とされており、イエスの復活と登りゆく太陽、春の到来であるゲルマン古来の祭りにキリスト教が加わってオステルン、つまり復活祭が祝われるようになったのだ。 続きを読む



ギリシャ独立記念パレードは、ギリシャ各地の伝統衣装が見所!

[2008/02/07] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャといえば、古代ギリシャの輝かしい歴史をイメージしてしまいがちですよね。でも以前も触れたように、実はトルコ(オスマン帝国)によって1821年までの約400年間も占領されていました。その圧政下、ギリシャ正教の教会の地下などで、こっそりとギリシャ語の授業などが行われていて、なんとか言語や民族性を保ってきたのです。そして、近代においては、第2次世界大戦によってドイツ占領下にもおかれました。そのような苦しい時代を経てきたからこそ、独立記念日は盛大に祝います。 続きを読む



ドイツに春がやってくる復活祭。今年はチャンスかも?!

[2008/02/01] 西谷ゆうか

イースターの名で知られる復活祭は、十字架にかけられたイエス・キリストが3日後に生き返った、つまり復活したことに由来する行事で、春分の日から数えて最初の満月の日曜日が復活祭にあたります。というわけで、今年はなんとその日が3月23日!!春休み期間中なのでご家族でドイツの復活祭を楽しめるチャンスです。ドイツでは復活祭のことをOstern(オースターン)と言って、翌月曜日も祝日です。日曜日でもお店が開いている観光地ローテンブルクもこの2日間だけはレストラン・カフェを除く町中のお店が閉まってしまいます。で… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 復活祭、ドイツ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。