「悲情城市」に関連する現地ガイド記事

「悲情城市」に関連する現地ガイド記事

悲情城市に関する現地ガイド記事を集めました。悲情城市の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

映画のあの場所 「悲情城市」 (台湾・キューフン)

[2010/04/22] 大塚ばつ丸

大陸の中国人が台湾の人たちを虐殺した1947年のいわゆる2.28事件はずっと台湾近代史のタブーとされてきたが、台湾生まれの総統が続けて選ばれるような社会の変化を背景に、小説、映画の題材に取り上げられたり、事件の検証がされることとなった。この映画は太平洋戦争の終結から2.28事件の頃を時代背景にしており、事件に翻弄された家族を描いている。「悲情城市」に「黄金酒家」という名前で登場する店は映画のヒットを受け、「悲情城市」という看板を掲げて営業している。その店のすぐ横にある石段はキューフンの中でも最も… 続きを読む



テレビの舞台【オンエアー】―台湾「圓山大飯店」、ホテルの中は別世界

[2009/04/02] 大塚ばつ丸

韓国SBSのテレビ・ドラマ「オンエアー」はひとつのテレビ・ドラマをめぐるテレビ局の内幕もので、登場する人物はキャリアは浅いが、番組作りのセンスあふれるディレクターにパク・ヨンハ、芸能界での生活が長く人間的包容力のあるマネージャーはイ・ボムス、“国民の妖精”と呼ばれているが、わがままな人気女優キム・ハヌル、手がけたドラマはみんなヒットする売れっ子女性脚本家ソン・ユナとそれぞれ映画の主演クラスの俳優が4人という豪華な顔ぶれがそろった。では、なぜ韓国ドラマなのに台湾なのか?このドラマで、脚本家の休暇旅… 続きを読む



50年前の空気をそのまま瓶に閉じ込めたような台湾の街へ行ってみよう!

[2008/02/12] あみんご

ノスタルジックな雰囲気の漂う九[イ分](以下キュウフン)※は、映画「千と千尋の神隠し」の舞台とも噂される、海と山を同時に観賞できる美しい景色の街であると同時に、過ぎ去った時間を思い出させてくれるような、昔懐かしい感じのする不思議な感じのする街です。もともと九戸しか家が無く、それが地名の由来になったと伝わるほどの小さな村だったのですが、19世紀末に金鉱が発見されると、ゴールドラッシュで一旦は活気づいたものの、金鉱が尽きると元の寂れた街へと戻っていきました。しかし侯孝賢監督の映画「悲情城市」や「恋恋… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 悲情城市」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。