「戦争」に関連する現地ガイド記事

「戦争」に関連する現地ガイド記事

戦争に関する現地ガイド記事を集めました。戦争の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ロケ地としても有名な束草のアバイ村は日帰りでも楽しめる場所

[2018/12/15] 金光英実

ソウルからバスで2時間。江原道の束草にアバイという村があります。1950年に勃発した朝鮮戦争のとき、北朝鮮の咸鏡北道から避難してきた人が集団で住んでいる珍しい場所です。少しの間、ここで待っていればいつか故郷に戻れるだろうという希望を持って、家を建てるのも大変なこの砂州で暮らしていました。しかし結局、韓国と北朝鮮はひとつになることなく、38度線が軍事境界線となってしまったのです。ここアバイ村は38度線よりも北にあるのだとか。北朝鮮にいる家族と離ればなれになってしまった「失郷民」と呼ばれる人たちの悲… 続きを読む



世界遺産都市レーゲンスブルク、見逃せない教会たち

[2018/11/22] 吉村 美佳

文豪ゲーテが、30代の頃この街を訪れたのは、18世紀後半のこと。その時に書いた「イタリア紀行」の冒頭には、レーゲンスブルクについても触れています。そこで、ゲーテは、「教会また教会、修道院また修道院」とレーゲンスブルクを表現しました。それ程旧市街内には、教会と修道院がたくさんあるのです。実際歴史博物館で、1430年頃の様子を見てみると、あっちにもこっちにも教会と修道院がひしめき合っています。ゲーテが来たときは、教会が世俗化される前の事ですから、今よりもさらに、「教会また教会、修道院また修道院」だっ… 続きを読む



エーゲ海へ行く前に、小さな村でのんびり過ごしてみよう

[2018/11/13] オキシマ・ヒロミ

ここはイズミル市の西に位置するバーデムラーBademler村。ウルラという市町村の町に属している。バードBadという名前が示すように、バーデムラーは温泉が出る村だ。現在は地元の人が利用する細々とした温泉だが、その歴史は古く、遥か昔の紀元前の時代からここに温泉があった。紀元前にギリシャ軍の総司令官アガメムノーンがバーデムラーの温泉へやってきて戦争で負った傷を治した、という言い伝えが残っている。温泉があることと温暖な気候、そしてイズミルに近いことから、近年この村に住む人が増えた。バーデムラーには西ヨ… 続きを読む



アメリカの首都ワシントンD.Cの楽しみ方

[2018/11/05] りんみゆき

こちらも日本では馴染みのないスパイ関係の博物館ですが、テレビや映画では観たことがあるはず。スパイとは空想のお話の中の登場人物ではなく、政治的、軍事的な理由で実在するといいうことがわかります。スパイ活動に使用される小道具やインターアクティブなスパイ謎解きゲームもあり、大人も子どもスパイになった気分を味わえるでしょう。年齢制限はありませんが、小学生以上だと理解することができ、楽しめます。有料プログラムのOperation Spyで博物館内の、Spy in the Cityで実際街中でのスパイとしての… 続きを読む



トロイ年の今年、木馬のあるチャナッカレにも寄ってみよう

[2018/10/13] オキシマ・ヒロミ

2004年のアメリカ映画、古代ギリシャのトロイ戦争をテーマにした「トロイ」は、人気俳優ブラッド・ピットが出演して有名になった。映画の内容はホメロスの叙事詩『イリアス』やクイントゥスの『トロイ戦記』とは少々異なる戦争と恋愛の物語になっている。ブラッド・ピットが演じる主人公はトロイの王子パリスではなくアキレス腱で有名なアキレスだ。ちょっと意外な気がするが、何はともあれ映画は大ヒット。以来、アメリカからの観光客が急増した。その映画で使われた木馬が、チャナッカレの町に保存されている。チャナッカレはトロイ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 戦争」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。