「政治」に関連する現地ガイド記事

「政治」に関連する現地ガイド記事

政治に関する現地ガイド記事を集めました。政治の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

建設の話から完成までにおよそ一世紀かかった聖イシュトヴァーン大聖堂

[2017/11/16] Hiromi

聖堂の中は厳かな雰囲気に包まれている。祭壇には聖イシュトヴァーンの像が、ハンガリーのシンボルである二重の十字架(宗教と政治を表す)を手に立っており、背後にはイシュトヴァーンの生涯を描いたレリーフがある。聖堂右脇には、後継ぎで一人息子のイムレ王子を狩りの事故で失い、この王冠を誰に託せばよいのかイシュトヴァーンが聖母マリアに尋ねている壁画が見られる。祭壇の左側から裏手に行く通路があり、奥に聖イシュトヴァーンのものとされる「聖なる右手」のミイラが奉られている。コインを入れると聖なる箱に明かりがつくよう… 続きを読む



オランダの政治の中心で特殊な体験を。監獄博物館。

[2017/11/15] ミツフィ

オランダ政治の中心都市、デン・ハーグ。国会議事堂を擁するビネンホフの向かいにある特徴的な煉瓦造りの建物「監獄博物館」。現在は博物館ですが、1428年から1828年の4世紀に渡り、その名の通り監獄として使用されていました。監獄時代はオランダの歴史上の重要人物が収監されていたりと、大変興味深い場所でもあります。例えはここを見学する上で予備知識として頭に入れておきたいのが、デ・ウィット兄弟です。 続きを読む



陶器の町キュタフヤに保存されたハンガリー人の家

[2017/11/12] オキシマ・ヒロミ

1849年のハンガリー革命で敗れ、トルコに亡命したとは聞いていたが、キャタフヤに来ていたとは!コシュート・ラヨシュ(1802〜1894)といえばハンガリーの英雄だ。大きな町には必ず銅像があり、ブダペストは勿論、地方都市、小さな村でも彼の名を冠した道や広場がある。ハンガリーへ旅した人は彼の名前を憶えてしまうであろう。ハプスブルク家の支配を断ち切って独立したハンガリー国家の建設を目指し、オーストリアと闘った。共に戦っていたハンガリー貴族の仲間たちは革命後に転向し、ハプスブルク家に忠誠を誓って新しい政… 続きを読む



海辺の邸宅『ヤル』で楽しむ、リッチなサンデーブランチ

[2017/05/09] Yeni

邸宅には、かつての家主“サイート・ハリム・パシャ”(1863-1921)の名前がつけられています。彼は、オスマントルコ帝国時代の宰相にまで上り詰めた人物です。当時のオスマントルコ帝国の領土だったエジプトのカイロで生まれ育ち、そこで特別教育を受け、アラビア語を始めペルシャ語、英語そしてフランス語を操り、やがてスイスの大学へ進学、卒業します。まさにエリートコース真っしぐらなのですが、宰相を退任した数年後の1921年、彼が58歳の時に、ローマでアルメニア系秘密政治結社員による銃撃に遭い、不幸な最期を遂… 続きを読む



ポンディシェリーにあるオールヴィルを訪れよう

[2017/04/25] 鈴木千晶

みなさんはインドの思想家オーロヴィンド・ゴーシュの名前を聞いたことがあるでしょうか。ポンディシェリーにはオーロヴィンドのアシュラムなど彼の関連施設がたくさんあるのですが、その中でも特に有名なのがポンディシェリーから約12キロ離れたところにあるオーロヴィル。オーロヴィルは宗教や政治、国籍を超えて平和と調和のもとに住むことができるユニバーサルタウンを目指して作られました。現在ここにはオーロヴィルの主義思想に共感する世界中の人々が約2000人住んでいるそうです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 政治」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。