「旧市街地、ウィーン」に関連する現地ガイド記事

「旧市街地、ウィーン」に関連する現地ガイド記事

旧市街地、ウィーンに関する現地ガイド記事を集めました。旧市街地、ウィーンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ウィーンでインターナショナル体験を!?国際連合本部をガイドツアーで見学してみよう!

[2010/05/11] バレンタ愛

世界遺産や宮殿、歴史的な街並みなどで有名なウィーンですが、意外にもかなりの国際都市なのです。ウィーン市内の人口の2割が外国人であり、様々な国籍の人がいて、色々な言葉も飛び交っています。そんな国際都市ウィーンを象徴するものの1つとして国連本部が挙げられます。国連本部と聞くとニューヨークやジュネーブが有名ですが、ウィーンにも国連事務局があるのです。ナイロビに次ぐ新しい事務局ですが、1979年に設立され、110カ国から集まった4000人以上の人々が所属する大きな国連事務局です。 続きを読む



レトロなトラム&快適な新型トラムで効率的にウィーン観光を!

[2009/02/03] バレンタ愛

他のヨーロッパの都市と同様にウィーンには古くてステキな建物がたくさんあります。それに似合うのが赤いレトロな「トラム」と呼ばれる路面電車。ドイツ語ではStrassenbahnとも言われます。世界遺産に指定されている旧市街地を囲むリング通りを走る路線からは、市庁舎、国会議事堂、オペラ座などの歴史的な素晴らしい建物を眺めることも出来ます。赤と白のレトロなトラムの中の木の椅子に座りながら、そんな建物を眺めればヨーロッパの美しい都市にいる事を強く実感出来る事間違いなしです! 続きを読む



美しく歴史ある劇場の内部ツアーへ。ここでしかみられないクリムト初期の作品も!

[2008/12/17] バレンタ愛

ヨーロッパの中でも一番古く、超一流と言われる劇場がこのBurgtheater(ブルグ劇場)です。元々は1741年にマリア・テレジアが王宮の隣、Michaelerplatz に建てたものでした。モーツァルトのオペラ「後宮からの迷走」「フィガロの結婚」「コジ・ファン・トゥッテ」はこの劇場で初めて上演されました。1888年に現在の場所、ウィーンの旧市街地をグルッと囲むリング通り、市庁舎の向かい側に移動しました。第二次世界大戦とその後の火事で大きなダメージを受けたものの、オリジナルの建築を再現し今に至っ… 続きを読む



夜が長いウィーンの冬は夜景とイルミネーションを楽しむチャンス!

[2008/11/14] バレンタ愛

10月末にサマータイムが終わると暗くなるのが一段と早く感じるヨーロッパ。一番早い時期で午後4時頃には暗くなってしまいます。でもそんな冬こそ楽しめるのが夜のウィーン。曇っていたりお天気があまり良くない日は特に夜のウィーンがステキです。……とは言っても高層ビルなどないウィーン。でも色んな建物がライトアップされていてとてもキレイなんです。オーストリアはヨーロッパの中でも治安のいい方なので中心地をプラプラする位なら女性1人でも大丈夫。夜に見てもステキな建物と、楽しい夜のお散歩コースを紹介します。 続きを読む



証券取引所の地下、ステキなお花屋さんの隣にあるオシャレなレストラン「Hansen」

[2008/08/26] バレンタ愛

「証券取引所」と聞くと、どうも普通の人はなかなか縁のない入りにくい感じがありますが、ウィーン旧市街地内にある証券取引所の地下にはステキなレストランがあります。レストランの入口は長く続く石造りの階段。その両脇にはたくさんの緑や花の鉢が置いてあります。それもそのはず、お花屋さんの入り口も兼ねているのです。建物の中に入ると、ステキなインテリアでまとめられたステキな花屋さんのディスプレイが続きます。ランプやソファー、パラソルに飾りの貝。天井が高く、とても広い空間は優雅な雰囲気が漂います。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 旧市街地、ウィーン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。