「春節、中国」に関連する現地ガイド記事

「春節、中国」に関連する現地ガイド記事

春節、中国に関する現地ガイド記事を集めました。春節、中国の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

中秋節の季節がやってきました

[2016/11/15] まさこ

台湾の三大イベントといえば、春節 端午節 そして中秋節です。春節は日本で云うところのお正月。台湾の行事はすべて旧暦ベースなので日本の感覚だと一ヶ月くらい遅いようなちょっと変な感じがしますが、台湾にいると、旧暦がとっても自然な流れになっています。暦ではもうすぐ旧暦の8月15日。台湾の人たちが待ちに待った中秋節やってきます。休みの少ない台湾では貴重な連休です。そんな中秋節の台湾ならではの面白い風習があります。それは・・なんと街じゅういたるところで焼肉をする人の姿が見られるということ!台北でもちょっと… 続きを読む



リーズナブルに楽しめる冬季の故宮観光

[2016/04/02] 原口純子

いま世界でもっとも見学者の多い観光地といわれる故宮。あまりの多さに2015年6月から「1日8万人」を上限とする、という対策が実施されています。その人数の多さが想像されますが、毎年、11月1日〜3月31日まではシーズンオフとされ(中国語では淡季=タンジ)、観光客が比較的少ない時期となり、入場料金もオンシーズンの60元から40元に値下げされます。寒い時期ですが、比較的人数の少ない時期に、割引料金で観光する故宮も素敵です。 続きを読む



歴史ある胡同に生まれた「手仕事」がテーマのショップ

[2013/12/20] 原口純子

地下鉄5号線「灯市口」を出て東単北大街の東側を200mほど北上すると、「史家胡同」があります。南北に走る「東単北大街」は車の通行量も多く、にぎやかな繁華街ですが、その東側、西側には、「胡同」と呼ばれる北京の古くからの横丁が残り、「史家胡同」もその代表的な1本。明代(1368〜1644)から残る横丁で、西側の「東単北大街」から東側の「朝暘南小街」まで東西に約700m。かつて高級官僚が暮らしたお屋敷街らしく、東西をまっすぐに走り、古都、北京の面影を伝える横丁です。この横丁、昔ながらの四合院も残り、参… 続きを読む



中国への旅行準備

[2013/10/26] 各国現地ガイド

■治安中国の大都市の治安は比較的よくなりつつあるものの、まだトラブルに巻き込まれるケースが多くある。特に市場や繁華街など人が多い場所、レジ待ちなど他の事に注意が向いている時など、持ち物を狙われるケースがある。日本人はお金を持っているというイメージからターゲットになりやすい傾向がある為、大きな声で日本語を話さない、体の前で荷物を持つなど十分な注意が必要。■トラブルに巻き込まれた時海外保険に加入している場合、保険会社に提出する証明書が必要で、これを発行してくれるのが公安局だ。ただ、実際には調書すら書… 続きを読む



2月10日、中国社会は旧正月を迎えます

[2013/01/31] 原口純子

2013年2月10日、中国社会は旧正月を迎えます。中国語では「春節」(チュンジエ)と呼ばれる旧正月は、中国社会では最重要視されている伝統行事です。春節は旧暦の1月1日にあたり、私たちが日常生活で現在、使っている陽歴では毎年、移動しますが、それが2013年は2月10日あたります。前日の2月9日は「除夕」(チュ・シ)と呼ばれ、中国ではこの日の午後から政府機関、一般の会社などがほぼ休みとなり、2月16日前後までが休暇期間となります。代表的な観光地、レストラン、デパートなどは休暇期間中も営業しているとこ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 春節、中国」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。