「木造、屋根」に関連する現地ガイド記事

「木造、屋根」に関連する現地ガイド記事

木造、屋根に関する現地ガイド記事を集めました。木造、屋根の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

わずか30秒で7カ国を周遊!ヨーロッパ建築を凝縮した「7カ国の家」

[2018/04/23] テメル華代

アムステルダムの中心地、ミュージアム広場から西へ徒歩6分ほどのルーメル・フィッセル通り (Roemer Visscherstraat) では、ヨーロッパ7カ国の建築物を一度に鑑賞できます。高級住宅街にある閑静な通りの中ほどまで歩みを進めると、オランダの典型的な赤レンガ造りの建物に続いて、異国情緒あふれる7軒の家が並んでいます。各々がヨーロッパの国を代表する建築様式で建てられ、オランダ語で「7カ国の家」を意味する「Zevenlandenhuizen ゼーヴェンランデンハウゼン」と呼ばれています。 続きを読む



チェンマイに来たら立ち寄りたい変わったお寺を2つご紹介!

[2018/02/23] 根本聡子

ドイテープ山へ登る道の麓、左側にふと人だかりができている場所があります。小さくて見落としがちですが、こここそがどんな願いでも叶えてくれるという「アヌサヴリー・クルーバー・シーウィチャイ」という、有名な僧侶シーウィチャイを祀った祠です。シーウィチャイ僧侶は戦争後、ボロボロになってしまったチェンマイの道を舗装したり、寺を修復したり、チェンマイの人々の暮らしが少しでもよくなるように務めたお方。さらに万能の祠とされていますので、感謝と願いを込めた人たちの参拝があとを絶たないのです。 続きを読む



ロンドンの新路線を先取り!エリザベス線の駅のガーデンで寛いでみよう

[2017/12/11] ディキンソン恵子

ここ数年建設工事が続く、ロンドン周辺の東西を結ぶクロスレイル。西はバークシャー州のメイデンヘッド、ロンドン東部のホワイトチャペルで分岐し、北東部はエセックス州のシェンフィールドまで、そして、南東路線はテムズ河の南にあるアビィ・ウッドを結びます。新路線の名称はエリザベス線といい、ロンドン中心部の運行開始は2018年12月の予定です。現在も各駅や線路の建設工事が進行中ですが、一足先に、カナリー・ワーフ駅の一部が、クロスレイル・プレイスとしてオープンしています。 続きを読む



美しい街並みのリトミシュルと偉大なスメタナ

[2017/08/31] 岸 博美

チェコにはあちらこちらにスメタナ所縁の地があるが、その中で最も重要な町がリトミシュルである。何といっても彼の生まれ故郷であり、スメタナが生まれた建物や部屋が記念館となって保存されているからだ。リトミシュルには世界文化遺産に登録されている城がある。スグラフィットと呼ばれる特別な技法で制作された壁をもつ館で、そのリトミシュル城の目の前にスメタナの生家があるのだ。何故ならば、スメタナの父親は城のビール醸造所で働くビールの醸造技師だったからである。スメタナは当然、後継ぎとしてビール醸造技師になるべく育て… 続きを読む



南ドイツを代表するゴシックの大聖堂、聖ペトロ大聖堂

[2017/07/26] 吉村 美佳

レーゲンスブルクに来て、必ず見るものの一つは、この大聖堂。フランスの影響を受けたゴシック建築で、作られ始めたのは1273年のこと。今現在の形に整ったのは、1869年と、ケルン大聖堂完成の8年前。1000年以上の歴史を持つ、少年合唱団の歌声も有名です。少年合唱団の歌を聴きたい方は、日曜日のミサで聞くことができますが、あくまでもミサであることを忘れないでください。大聖堂内は、夏でもひんやり寒いので服装にも注意が必要です。1240年代に作られたステンドグラス、世界最大の吊り型式のパイプオルガン、聖母マ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 木造、屋根」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。