「東ドイツ、観光」に関連する現地ガイド記事

「東ドイツ、観光」に関連する現地ガイド記事

東ドイツ、観光に関する現地ガイド記事を集めました。東ドイツ、観光の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アイゼナハ観光にお薦めのホテル、シュタイゲンベルガー・テューリンガーホーフ

[2017/02/16] 沖島博美

アイゼナハはこぢんまりとした地方の町でありながら実に見どころの多い観光都市である。アイゼナハの名を日本で最初に有名にしたのはバッハかもしれない。バッハが生まれたアイゼナハはバッハファンの聖地で、東ドイツ時代は簡単に行くことが出来なかったため憧れが強かった。そんな時代は遠い過去のこと。今ではフランクフルトから電車でわずか1時間45分ほどの距離である。町の南西に聳えるヴァルトブルク城が1999年に世界遺産に登録されてから、アイゼナハの人気はバッハよりもむしろヴァルトブルク城に移ったようだ。勿論、ヴァ… 続きを読む



ハンガリーを知るには、まずハンガリー国立博物館の見学から始めよう

[2017/01/18] Hiromi

ヨーロッパを旅していると、博物館や美術館の建物がとても立派で美しいことに驚くことがある。ことにブダペストには19世紀に建設された多くの建物が残っており、訪れる者を楽しませてくれる。そのひとつ、1802年に設立された国立セーチェーニ図書館は、1846年に現在の地に移転されてハンガリー国立博物館と名称を変え、新しい建物が正面に8本の列柱を持つネオ・クラシック様式で建設された。その2年後、オーストリアからのハンガリー独立を掲げた革命が起こったとき、博物館の前に民衆が集まる。そこでハンガリーの人気詩人ペ… 続きを読む



夏はハンガリーの海、バラトン湖へ

[2016/05/17] Hiromi

海のない国ハンガリーでは、大きなバラトン湖のことをマジャール・テンガーと呼んでいる。つまり「ハンガリーの海」という意味だ。実際、バラトン湖を訪れてみると、これが湖なのか、と訝るほどに大きい。東西に細長いので場所によっては幅が狭くて対岸が見える所もあるが、小さな波もあって大きくて、まるで静かな海のようだ。ブダペストから斜め南西におよそ130キロ。バラトン湖行きの電車はブダペストの南駅から出発する(ウィーンなど西ヨーロッパへ向かう電車は東駅から)。2時間15分ほどで湖北側の拠点となるバラトンフュレド… 続きを読む



東西統一から四分の一世紀を経て蘇ったドレスデン

[2015/11/05] 沖島博美

終戦間際の1945年2月、ドレスデンは連合軍による空爆によって町が全壊した。終戦後、ドイツは東西に分かれてドレスデンは東ドイツになった。社会主義国であったが積極的に町の修復を行いツヴィンガー宮殿やゼンパー歌劇場など、観光の目玉となる建物は元の姿を取り戻していった。ベルリンの壁が崩壊したときはまだ瓦礫のまま中心部に積み上げられていたフラウエン教会は、ドイツ統一によって再建の話が急速に進む。最新技術を駆使して残っている瓦礫がどこの部分の石であるかを調べ、その場所に当てはめていった。世界最大のパズルと… 続きを読む



ドイツ統一から25年、4分の1世紀が過ぎたベルリン

[2015/11/04] 沖島博美

2015年10月3日、ドイツは東西統一から25年目を迎えた。ドイツ各町で大きな記念イベントがあるかと期待していたが、どこの町も静かだった。ドイツの統一はすっかり根を下ろしているので、改めて騒ぐまでもないのであろう。数日前からTV各局が25周年特別番組を放映していたが、ニュースでは専らシリア難民問題を取り上げていた。統一によって大きく変わったのは旧東ドイツ側だが、25年も経ってしまうと東西の隔たりや特徴などは少なくとも旅行者には全く感じられない。統一直後は西側から東へ入ったとたんに修復されていない… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 東ドイツ、観光」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。