「格闘技」に関連する現地ガイド記事

「格闘技」に関連する現地ガイド記事

格闘技に関する現地ガイド記事を集めました。格闘技の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ミャンマー国技ラウェイを堪能しよう

[2016/02/03] 田島みえ

ミャンマーの国技とされている「ラウェイ」はとても簡潔に表現するとキックボクシングのようなものですが、正真正銘の格闘技です。素手と裸足で殴る蹴る、頭突きも肘打ちもなんでもありで、判定なしのどちらかが倒れるKOで勝負が決まるという迫力あるものです。ミャンマーの人々はこのラウェイの観戦に熱狂し、ヤンゴンにはラウェイ専用の大きなスタジアムがあって、毎週のようにファイトゲームが行われ、しかも満員御礼状態なのです。 続きを読む



タイの国技、ムエタイを一日体験!! ダイエット効果もバツグン!?

[2011/05/03] 根本聡子

今回モデルを務めてくれた友達は日本でも格闘技のレッスンをしているだけあって、基礎はバッチリ。コーチの「もっと脚を高く!」という声に合わせて膝蹴りを決める姿はしっかりサマになっておりました。最初はパンチだけ、次はキック、そして慣れてきたらワンツーパンチでキックでシメるというように、どんどんとレベルを上げていきます。上手くキックやパンチが入ったときに響く「バシッ!」と言う音に見ている私も大興奮。体験中の友達は汗だくになりながらもストレス発散で気持ちよさそうです。 続きを読む



世界遺産の旧市街に息づく、アフロ・ブラジリアン文化を感じてみよう

[2009/08/28] 東リカ

メルカード・モデロにほど近いエレベーターで上町に上ると、眼下にトドス・オス・サントス湾と下町を見渡すことができます。お勧めの時間帯は、海に日が沈む夕焼けの頃。 日没後は、ライトアップされたモニュメントやエレベーターを見ることもできます。もちろん下町の眺めだけではなく、上町にはリオ・ブランコ宮殿やカテドラル、サンフランシスコ教会など植民地時代の栄華が残る見所が散在しています。また、純白のドレスに身を包んだバイアーナや舞踏のような格闘技、カポエイラに興じる黒人たちの姿も見られます。 続きを読む



アンコール時代に起源を持つといわれるクメール伝統のキックボクシングを観戦しよう!

[2009/05/08] 井伊 誠

プロダルセレイの戦闘スタイルは、カンボジアと歴史的に深い関わりを持つタイの格闘技ムエタイとよく似ています。鍛え上げられた肉体を持つボクサーたちが、相手の隙を伺いながらキックとパンチ、肘打ち、膝蹴りなどを駆使して相手を叩きのめす激しい格闘技。噛み付きや組みは禁じられていますが、むき出しの肘や飛び膝蹴りなどが相手を容赦なく襲うため、リングに血が舞うことも珍しくありません。それくらい危険な格闘技で、かつてはパッドの入ったグローブを着用しなかったこともあり、試合中に出た死者を葬るための棺桶が用意されたこ… 続きを読む



迫力満点!ストックホルムのウインタースポーツをライブで観戦

[2008/11/07] 田中ティナ

さて、2度のオリンピック金メダルに輝いているピーター・フォシュベリや世界のトッププレーヤーが集結しているNHL(ナショナルホッケーリーグ)で通算500得点をあげた実績を誇るマッツ・サディンなど世界に通用する選手を多数輩出してきたスウェーデンのホッケー界。この時期、国内では、世界を狙う次世代の選手たちが熱戦を繰り広げている。スピーディーなパックの動きや選手どうしの激しいぶつかりあいはまさに氷上の格闘技。本場の迫力をこの機会にぜひ体験してみてはいかが? 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 格闘技」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。