「歴史」に関連する現地ガイド記事

「歴史」に関連する現地ガイド記事

歴史に関する現地ガイド記事を集めました。歴史の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ベトナム中部、かつてチャンパ王国の聖域だった「ミーソン遺跡」

[2017/03/03] 古川 悠紀

ミーソン遺跡は世界遺産に登録されて以来、本格的遺跡発掘に着手していますが、まだまだ未発見の遺跡も多数あると言われています。現在も発掘調査中で、発見され次第保存環境を整えて一般公開されています。チャンパ王国はまだ知られていない謎も多く、現在中部中南部に暮らす少数民族のチャム族との関係性もその一つ。現在ではチャム族はチャンパ王国の子孫というのが通説ですが、それも確たる証拠は発見されていないのが現状。今後チャンパ王国の歴史、そしてチャム族との繋がりに関しても解き明かされていくことでしょう。歴史好きの旅… 続きを読む



味、量、価格。三拍子そろったレストラン・ガーデン

[2017/03/02] 原田慶子

レストラン・ガーデンのあるカジノは、日秘文化会館の北側にあるスーパーマーケット「メトロ」の裏手。入り口は2か所あるが、食事希望ならメトロに向かって右奥にあるクレディト銀行(BCP)近くの入り口からアクセスしよう。店内は無料Wi-Fi完備。コーヒーやフルーツジュース、昔ながらのペルースイーツも揃っているので、ちょっとした待ち合わせや時間つぶしにも使いやすい。カジノの中ということで観光客の姿はほとんど見かけないが、店の歴史は1993年オープンと古く、地元ではよく知られた存在だ。ヘスス・マリア区でここ… 続きを読む



ローマの壁が残る街

[2017/03/01] 吉村 美佳

掘り起こせば考古学者が喜ぶ街、レーゲンスブルク。街のど真ん中にあるノイプファー広場では、1996年に中世の金貨624個が見つかった他、ローマの遺跡も出てきました。ユダヤ人街(〜1519年)の跡地でもあるので、シナゴーグの跡も発見されています。西にある三角形の広場、ハイド広場では、12世紀の地下跡が発見されています。2018年5月に開館予定のバイエルン州歴史博物館が建築されている工事現場では、2014年に、1200年前の木造の住宅の一部や、800年前のパンの焼け焦げたものが発見されています。最近で… 続きを読む



イスタンブールにオープンした蝋人形館「マダム・タッソー」で、世界のセレブとセルフィー三昧!

[2017/02/27] Yeni

イスタンブールでは近年、レゴランドや水族館などのアミューズメントパークが次々に建設され、親子連れで楽しめる娯楽施設が市内随所に増えました。しかし今回ご紹介する「マダム・タッソー・イスタンブール」蝋人形館は、大人こそがミーハー気分でワイワイ愉しめる場所なのです!しかも場所はイスタンブール新市街のど真ん中、タクシム広場から徒歩5分とアクセスも抜群に良いので、タクシム観光のついでに覗いてみてはいかがでしょう。入場料は当日券が大人ひとり48リラですが、当館公式ウェブサイトでの前売り券は38リラとお得なの… 続きを読む



レーゲンスブルク、お勧めのお土産

[2017/02/26] 吉村 美佳

今回は、レーゲンスブルクのお土産のヒントとなるお店を5つ紹介します。まず、ドイツ最古の喫茶店*、カフェ・プリンツェスのチョコレート。食べてみるとびっくり!何層にもなっていて、手が混んでいるんです。特にクリスマス前2〜3週間は、長蛇の列。ということは、やはり一度は食べてみたいですね。店内は、1階がチョコレートなどの売り場、2階がカフェです。夏は、テラス席がいつも満員。チョコレートを1階で注文すると、2階の喫茶店でコーヒーと一緒に運んでもらえます。カフェは、1686年営業開始。お店の向かい側は、当時… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 歴史」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。