「海岸」に関連する現地ガイド記事

「海岸」に関連する現地ガイド記事

海岸に関する現地ガイド記事を集めました。海岸の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

トルコ随一の料理学校が美術館にレストランをオープン!

[2017/11/09] Yeni

ボスポラス海峡を臨む閑静な住宅地、Emirganエミルギャン。この町には毎年春にイスタンブールで開催される、チューリップ・フェスティバルのメイン会場となる“Emirgan Parkiエミルギャン公園”があります。そしてこの町の海岸通りのバス停Cinaraltiチナルアルトゥの真向かいに、“Sakip Sabanci Muzesiサークップ・サバンジュ・ミューゼシ(美術館)”がひっそりと佇んでいます。1998年、トルコのサバンジュ財閥が『At Kosk馬のお屋敷(=庭園に大きな馬の銅像があるため)… 続きを読む



バルセロナの絶景が楽しめるBAR ”MAREA BAJA”

[2017/11/07] 鈴木美佐子

カフェバーがあるのが23階MAREA BAJA。直行のエレベーターで案内されて到着すると、目の前に広がるのは海岸からTIBIDABO(ティビダボ)の丘までの景色!地上100メートル以上、目の前に何も遮るものないため、SAGRADA FAMILIA(サグラダファミリア)も、TORRE AGBAR(アグバルタワー)も見ることができます。360度広がり、バルセロナの絶景が楽しめます。屋内、テラス席もありますがやはりテラス席がお勧めです。 続きを読む



フィジーのビチレブ島初、国としては2番目の水上コテージが誕生!

[2017/11/05] 古関千恵子

南太平洋のフィジーに2017年4月、新しい水上コテージをもつリゾートがオープン! このフィジー・マリオット・リゾート&スパ・モミ・ベイは、フィジー本島の西海岸に位置し、国際空港のあるナンディと、美しいビーチで知られるナタンドラビーチの合間。国際空港からは車で約45分になります。これまでフィジーに水上コテージは離島に1軒のみでしたが、今回のオープンにより空港から陸路で行ける本島、しかも10年ぶりの登場になります。そしてサーファーにとっても朗報! フィジーの世界的サーフスポット、クラウドブレイクまで… 続きを読む



エネルギッシュな釜山! 食べどころも見どころも満載

[2017/07/19] 金光英実

市場を歩き疲れてくたくたになったら、体にしみわたる強い焼酎をぐいっとやりたいもの。そのお供といえば、なんといっても新鮮なお刺身。国際市場から歩いて5分、チャガルチ市場へ行きましょう。水産市場に並ぶ生きた魚を自分で選び、その場で卸してもらって食べられます。市場の雰囲気が苦手な方は、周辺にもお店があるので心配いりません。サンチュで巻いて食べる韓国式お刺身の食べ方、意外といけます。海岸の道路沿いにも名物のぬたうなぎが食べられるお店が並んでますよ。 続きを読む



台湾本島の最北端の絶景ポイント【老梅緑石槽】を見にいこう!

[2017/07/13] 中園 まりえ

日本人観光客にはまだあまり知られていない、台湾本島最北端の地、「富貴角灯台」。台北から北方面に陽明山を越えた先にある、白黒のボーダー柄の灯台が目印の海岸で【老梅緑石槽】が見られる。その昔、陽明山の火山が噴火した際に、この海岸に火山岩が蓄積し、長い間の波による浸食で、岩角は丸みを帯び、独特な形状が出来たそうです。3月中旬〜5月末まで、岩場に藻が張りついて、海岸一面が緑色の不思議な光景となるのです。そして夏になると、日にて照らされて不思議と緑色の藻がなくなってくるそうです。満潮時には石槽まで海水が満… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 海岸」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。