「煙袋斜街」に関連する現地ガイド記事

「煙袋斜街」に関連する現地ガイド記事

煙袋斜街に関する現地ガイド記事を集めました。煙袋斜街の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

朝の散歩兼朝食におすすめ横丁の食堂「李紀醤肉爆肚」

[2014/10/28] 原口純子

◆李記醤肉爆肚住所:北京市西城区鴉児胡同19号電話:8403-1024営業時間5時半〜21時 無休 最寄駅:地下鉄8号線「什刹海」。駅を出たら南北に走る「地安門大街」を西へわたり、「煙袋斜街」を西へ進み、十字路につきあたったら、そのまま西へ進む横丁が「鴉児胡同」。十字路から進行方向の左側に店がある。駅から徒歩約7,8分。 続きを読む



デザイナー志望の若者たちのオリジナル作品がそろう「有声有設」

[2009/05/07] 原口純子

■有声有設住所:西城区煙袋斜街67号時間:9:30〜24:00 無休アクセス:地下鉄2号線「旧鼓楼大街」を下車、鼓楼を目指して南にすすみ、鼓楼から南にのびる「地安門大街」の西側(=進行方向にむかって右側)に「煙袋斜街」の入り口があります。入り口には、中国風の伝統建築のゲートである、碑楼がたっています。「有声有設」は、その入り口をはいって、約300メートルほど進んだ右手側です。 続きを読む



北京の裏原宿?手作りファッション小物ストリート「煙袋斜街」

[2007/08/09] 原口純子

この「煙袋斜街」、若者が集まるようになったのは、ここ数年ですが、この通りの歴史は古く、700年前の元代には、商店街として栄えました。この時代は、遠く南の杭州から北京まで大運河が通り、船で食糧などを北京に運んでいたのですが、当時の運河の終点は「什刹海」。そのほとりにある「煙袋斜街」は船着場の近くのとおりとして、食堂や商店がならび、たいへんな賑わいだったといいます。ちなみに「煙袋」は中国語では「キセル」という意味。通りの形が「キセル」に似ているところから命名されたといいます。たしかに通りをまっすぐす… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 煙袋斜街」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。