「犯罪」に関連する現地ガイド記事

「犯罪」に関連する現地ガイド記事

犯罪に関する現地ガイド記事を集めました。犯罪の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

メディアでも話題の犯罪バスツアー

[2018/03/08] 大山真理

犯罪バスツアーがはじまったきっかけは、キムさんのブログ。キムさんは、ロサンゼルスの犯罪にまつわるスポットを犯罪の内容と一緒に、ブログで紹介している。このブログを読んだ多くの読者たちから、「犯罪現場に行ってみたい。だけど、ひとりで行くのはいや。だから、ツアーを組んでほしい」と、依頼が殺到。そこで、バスを借りてツアーを決行した。もちろん、ツアーは大好評。いつもは、ロサンゼルスの犯罪について教えたりするキムさんも、実際の現場でロサンゼルスの歴史を伝えるのは、とても楽しいことを発見。そこから、犯罪バスツ… 続きを読む



難民支援のプロジェクトから生まれたオーストリアとオリエンタルの融合レストラン「Habibi Hawara」

[2016/08/22] バレンタ愛

ヨーロッパでは難民対策が大きな課題となっていますがオーストリアも例外ではありません。ヨーロッパの中心に位置するオーストリアはたくさんの難民が通り過ぎていく所でもあり、また受け入れてもいて、犯罪が増えて来たり、住民との確執もあったり、色々と解決しなければいけない問題が山積みとなっています。そんな中、何人かの実業家が集まり難民を支援するプロジェクトを立ち上げました。代表者の一人は個人的にもたくさんの難民を支援し、様々な企画をしているのですが、その中で難民の中にはたくさんの能力がある人がいる、そして支… 続きを読む



脱出ゲームができる「エスケープルーム」

[2015/09/09] 大山真理

ルーム1は「Detective(探偵)」。1940年代の私立探偵事務所に見立てた部屋の中で、犯罪の手がかりを探しながら、部屋から脱出するというもの。ルーム2「Cavern(洞窟)」は、ロサンゼルス・ダウンタウンの地下という設定で、古代ミステリーの解き明かしをしながら、部屋から脱出するというもの。ルーム1は参加者が12名まで、ルーム2は参加者10名まで。多いと感じるかもしれないが、「もっと人数が多かったら、時間内に手がかりを探すことができたかもしれない」という声もあるとか。 続きを読む



スウェーデンへの旅行準備

[2014/01/15] 各国現地ガイド

■治安基本的に安全な国だが、犯罪がないわけではない。とくに夜間、繁華街、中心部の駅周辺などは、緊急の用がなければ出歩るかない方が無難。また、現金自動支払機から現金を引き出す場合は、背後から暗証番号を盗み見するような人がいないか確認すること。スウェーデンはクレジットカードの利用が普及しているので、必要以上の現金は身につけないようにするのも一案だ。■トラブルに巻き込まれた時パスポートを紛失した場合、日本大使館、領事館に連絡する。盗難にあったら、最寄の警察で被害届を出し、手続きする。■マナーや宗教・チ… 続きを読む



オランダへの旅行準備

[2014/01/13] 各国現地ガイド

■オランダの治安旅行者を狙ったスリ、置き引き、ひったくりなどの軽犯罪は、アムステルダムなどの主要観光地や国際列車内、空港で発生しています。貴重品は安全な所に保管するか、移動の際は肌身離さずが基本。荷物は常に目の届く場所に置いておくよう心がけてください。参照:在オランダ日本大使館による安全の手引きhttp://www.anzen.mofa.go.jp/manual/netherlands.html#index2-3■コーヒーショップオランダでは、コーヒーや普通の飲み物を飲むところはカフェですが、コ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 犯罪」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。