「生家、ジャマイカ」に関連する現地ガイド記事

「生家、ジャマイカ」に関連する現地ガイド記事

生家、ジャマイカに関する現地ガイド記事を集めました。生家、ジャマイカの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界最大級の船で行くカリブ海クルーズへようこそ

[2013/02/02] 橋本直明

今回ご紹介するクルーズ船は、世界最大規模の22万トンの客船『アリュール・オブ・ザ・シーズ』です。アメリカのフロリダから出航し、ハイチ、ジャマイカ、メキシコを周り、フロリダに戻る7泊8日のクルーズです。2010年12月にできたばかりのこのクルーズ船は、全長361メートル、全幅66メートル、乗客定員5400名、乗組員2384名の超巨大クルーズ船です。日本人客も多く、100名程度乗船するときもあり、日本人添乗員が乗船することもあります。 続きを読む



ボブマーリー博物館のキュートなヘアサロンで編みこみヘアスタイルに挑戦!

[2008/01/11] ナイト‘Iyah’彩子

ジャマイカの街はどこへ行っても床屋やヘアサロンをよく目にする。オシャレが大好きなジャマイカ人にとって、ヘアサロンで髪型をアレンジすることは日常の一部。膨大な時間とエネルギーを髪型にかけている人も多い。子供も大人も手の込んだ編み込みの髪型をしていて、「どうやったらこんな風に編めるの?」と思わずその髪型を見つめてしまいます。無数にアレンジの仕方がある編み込みスタイルを編む慣れた手つきもまた一見の価値ありです。今回は、ジャマイカにあるたくさんのヘアサロンのなかでも、とってもキュートでルーツな雰囲気のお… 続きを読む



キング・オブ・レゲエ!「ボブ・マーリー」の博物館見ずしてジャマイカ語れず

[2007/10/04] ナイト‘Iyah’彩子

キングストンに来てまず訪れて欲しいのは、ジャマイカが生んだスーパースター、ボブ・マーリーの博物館です。ボブ・マーリーは1945年、イギリスの軍人とジャマイカ人の母の間に生まれました。12歳の頃、生まれ育ったジャマイカ北部のナインマイルズを離れ、キングストンにあるゲットー、「トレンチタウン」に移り住みました。このスラム街での人々の暮らしや生活は、以後世界中の共感を呼ぶことになる彼の作品を作るルーツとなりました。1975年ボブは、アイランドレコードの社長であったクリス・ブラックウェルから、現在この博… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 生家、ジャマイカ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。