「生煎」に関連する現地ガイド記事

「生煎」に関連する現地ガイド記事

生煎に関する現地ガイド記事を集めました。生煎の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

うまみたっぷりの肉汁がじゅわっ!焼き目が香ばしい上海名物「生煎」を食べよう

[2013/01/30] 小田川愛

今回ご紹介する小楊生煎は、上海ではとても有名な生煎専門店です。生煎って何?と思われたと思いますが、これは、肉まんよりも小ぶりで、小籠包よりも皮が厚いものを、巨大な鉄板で揚げ焼きにしたものです。上海と言えば小籠包!とすぐに思い浮かぶと思いますが、実はそれに負けないくらい生煎のお店は沢山あります。小籠包よりもボリューム満点の生煎は、朝食には勿論おやつや夜食など、とにかく様々な場面で食べられており、まさに上海人のソウルフードなんです。 続きを読む



心ゆくまで味わいつくす、秋の上海最強グルメ

[2010/10/09] 小田川愛

最後に安くておいしくて上海では小籠包と同じくらいポピュラーな一品をご紹介します。中国語では生煎(シェンジエン)、日本語では焼き小籠包というこのメニューは、小さな肉まんの様な形をしていて、中には豚肉や野菜などが入っています。大きな鉄板に沢山並べ蒸し焼きにした後、片面をカリッと焼き上げ、黒ゴマとネギを散らしたら完成!生煎の中には小籠包同様たっぷりの肉汁が入っていますが、一口サイズではないので、皮に小さな穴を開けてズズッとスープを飲んだり、一度レンゲにスープだけを流し入れて食べるなど、一番おいしい肉汁… 続きを読む



境内でお茶と食事が楽しめる海淀区の古刹「大覚寺」

[2009/07/01] 原口純子

レストランは、中国南部の地方都市である「紹興」の料理が中心。「紹興」は、紹興酒の故郷でもあり、紹興酒を隠し味につかった「東坡肉」(15元・豚の角煮)や、生煎包(8個で36元・鉄板で焼いて表面に焦げ目をつけた肉まん)などが有名です。また、大豆タンパクで肉にそっくりにみえる素材をつくり、それを使った炒め物などの素菜料理(=精進料理)もメニューにあります。大覚寺は、八達嶺に向かう高速道路の「北安河出口」を出たところから、クルマで約20分ほどなので、八達嶺で万里の長城を観光した帰り道などのお茶や食事にも… 続きを読む



リピート率が高い! 絶対また食べたくなる小楊生煎館のアツアツの焼きショウロンポウ

[2008/07/02] ミツ

上海には私の友人も多くやってきます。その人の嗜好に合わせてあちこち案内するのですが、誰もに共通して喜ばれ、「今度来た時もまた絶対食べる!」と高らかに宣言&実行されることが多いのが、意外や意外、上海蟹や高級中華ではなく、ショウロンポウ。しかも「小楊生煎館の生煎(焼きショウロンポウ)」なのです!小楊生煎館はどのガイドブックにも必ず取り上げられ、今やすっかり日本人の間でも有名ですが、地元の人たちにも相変わらず大人気。呉江路にある店舗はいつも行列を作っています。ではその人気の秘密を見ていきましょう♪ 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 生煎」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。