「病院」に関連する現地ガイド記事

「病院」に関連する現地ガイド記事

病院に関する現地ガイド記事を集めました。病院の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

トルコの詩人が残した町の遺産、南東アナトリアの豪邸

[2017/04/12] オキシマ・ヒロミ

この館は1733年に建設された。南東アナトリアによく見られる裕福な市民の典型的な館だ。どこの家でも中庭が生活の中心であり、冬場を除いて人々は一日の大半を中庭で過ごした。ほとんどの館で内側に回廊が設けられ、そこに椅子やテーブルを置いてお茶を飲み、客を招いてお喋りを楽しんだ。タランジュ一家もそのように過ごしたのであろう。ジャヒット・タランジュは1951年、40歳を過ぎてやっと結婚した。その幸せもつかの間、1954年に原因不明の手足が麻痺する病気にかかる。トルコでは治療が難しく、ウィーンの病院に入院し… 続きを読む



シャンルウルファで地元の人たちに愛されているお薦めのレストラン

[2017/02/14] オキシマ・ヒロミ

南東アナトリアの古都シャンルウルファ。ここは預言者アブラハム(イスラム教ではイブラヒーム)ゆかりの地だ。アブラハムが生まれたとされる洞窟や、丘の上から投げ込まれたと伝えられている池、丘の上のウルファ城など、見どころがたくさんある。東トルコの観光メッカであり観光客も大変多いため、レストランも色々あって食事が楽しい。そんな中、地元で絶大な人気を保っている店を紹介しよう。旧市街の北端にあるジェヴァヒル・ハンCevahir Hanというレストランだ。町の北門だったサムサト門近くに建てられたかつての隊商宿… 続きを読む



未知の街、プノンペンの楽しみ方

[2016/12/11] りんみゆき

FCC(外国人記者クラブ)はオープン当初から海外からのジャーナリストや援助隊員が集う憩いの場所でした。川沿いに建つコロニアルな建物は現在はホテルとレストラン、そしてトレンサップ川を見下ろせるルーフトップバーとして使われています。夕暮れ時にはサンセットを見にくる人で賑わいます。子どもも入れますが、騒ぐのはルール違反。生演奏を聴きながら踊ったり、ビリーヤードをしたりと、少し大人の世界を垣間見ることができます。FCCは地域の多くのNGO団体や子ども病院をサポートしていて、売上金の一部は寄付されます。 続きを読む



スンバ島のベアフット・ラグジュアリーなビーチリゾート、”ニヒワトゥ”

[2016/08/21] 古関千恵子

ニヒワトゥNihiwatuリゾートの収益はスンバ財団を通して、島の人々の暮らしに役立てられます。これまでマラリアは85%減少、小学校や病院も建てられました。滞在することが、島の暮らしの一助に……。住所:Desa Hobawawi, Kecamatan Wanukaka, Sumba, 87272 IndonesiaTEL+62-361-757149(予約)http://www.nihiwatu.com/アクセス/バリ島から空路約50分。スンバの空港からニヒワトゥまで車で約1時間30分 続きを読む



メルヘンチックなアルザスの街ストラスブール

[2016/07/24] りんみゆき

まさかこんなところに!という場所にワインセラーがあります。病院の地下にあり、案内もないのでかなりわかりにくいですが、アルザス地方のワインが勢ぞろいしているのでワイン好きには迷ってでも行きたいところです。ショップの奥にはワインセラーがあり、古めかしい樽が並んでいます。その中のひとつはなんと1472年のもの。大聖堂のミレニアムワインもここで購入できます。営業時間は平日8:30〜12:00、13:30〜17:30、土曜日9:00〜12:30、日曜日は定休日。ワインセラーの見学は自由にできます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 病院」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。