「病院」に関連する現地ガイド記事

「病院」に関連する現地ガイド記事

病院に関する現地ガイド記事を集めました。病院の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ウィーンでお薦めしたいホテル、パークホテル・シェーンブルン

[2017/09/30] Hiromi

パークホテル・シェーンブルンは1787年に建設された館で、1823年からウィーン特有の舞踏会ホールとして使われるようになった。ワルツ王ヨハン・シュトラウスや父で同名のヨハン・シュトラウスらもここで演奏をしていた。1907年にホテルとなり、それ以来フランツ・ヨーゼフ皇帝のゲストハウスにもなった。シェーンブルン宮殿の西門を出た目の前にあるホテルは皇帝の賓客をもてなすのに最適だったからである。第二次世界大戦中は野戦病院となり、戦後は火災を起こしてオリジナルが失われた部分もあるが、その後に修復されて今日… 続きを読む



世界遺産・ミマール・スィナンの自信作エディルネのセリミエ・モスク

[2017/07/28] オキシマ・ヒロミ

イスラム建築の巨匠といえば16世紀後半に活躍したミマール・スィナン。イスタンブールにあるスレイマニエ・モスクがスィナンの傑作と言われているが、このスレイマニエを凌ぐとされる作品がある。それはトルコの最西北にあるエディルネのセリミエ・モスクだ。エディルネはイスタンブールがオスマン帝国の首都になる前まで帝国の首都機能を果たしていた町なので立派な建物が多い。観光目的のツーリストが多いが、スィナン作のセリミエ・モスクを見ようと、そのためだけにエディルネを訪れる人もいる。ミマール・スィナンはオスマン帝国最… 続きを読む



夢の世界へ! ビスマルク広場にある劇場

[2017/06/30] 吉村 美佳

レーゲンスブルクには幾つかの劇場がありますが、今回はビスマルク広場にある劇場を紹介します。19世紀初頭、神聖ローマ帝国の宰相、かつレーゲンスブルク大司教であるカール・フォン・ダールベルクは、いろいろな総合病院や文化的施設を次々に建てさせました。その一つがこの劇場です。この劇場は、ウィーンの宮廷建築家であるエマニュエル・ヘリゴヤンが手掛けました。新古典主義のこの建物は、外見はシンプルですが、とても素敵な劇場です。この街にお城を構える公爵一家、トゥルン・ウント・タクシスのために特等席も設けられました… 続きを読む



トルコの詩人が残した町の遺産、南東アナトリアの豪邸

[2017/04/12] オキシマ・ヒロミ

この館は1733年に建設された。南東アナトリアによく見られる裕福な市民の典型的な館だ。どこの家でも中庭が生活の中心であり、冬場を除いて人々は一日の大半を中庭で過ごした。ほとんどの館で内側に回廊が設けられ、そこに椅子やテーブルを置いてお茶を飲み、客を招いてお喋りを楽しんだ。タランジュ一家もそのように過ごしたのであろう。ジャヒット・タランジュは1951年、40歳を過ぎてやっと結婚した。その幸せもつかの間、1954年に原因不明の手足が麻痺する病気にかかる。トルコでは治療が難しく、ウィーンの病院に入院し… 続きを読む



シャンルウルファで地元の人たちに愛されているお薦めのレストラン

[2017/02/14] オキシマ・ヒロミ

南東アナトリアの古都シャンルウルファ。ここは預言者アブラハム(イスラム教ではイブラヒーム)ゆかりの地だ。アブラハムが生まれたとされる洞窟や、丘の上から投げ込まれたと伝えられている池、丘の上のウルファ城など、見どころがたくさんある。東トルコの観光メッカであり観光客も大変多いため、レストランも色々あって食事が楽しい。そんな中、地元で絶大な人気を保っている店を紹介しよう。旧市街の北端にあるジェヴァヒル・ハンCevahir Hanというレストランだ。町の北門だったサムサト門近くに建てられたかつての隊商宿… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 病院」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。