「癒し」に関連する現地ガイド記事

「癒し」に関連する現地ガイド記事

癒しに関する現地ガイド記事を集めました。癒しの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

食べ歩きでお疲れ気味の朝は【中華粥】を食べに行こう!

[2016/11/01] 中園 まりえ

主食は、中華粥や麺などが数種類取り揃えてあります。海老粥やピータン粥は中華ダシのきいており、お好みで油條をふりかけるとサクサクの食感が更に食欲をそそります。連日の食べまくりで疲れたお腹をきっと癒してくれることでしょう。お粥が苦手な方は、海老ワンタン麺やチャーシュー麺など麺類も充実しています。サイドメニューの点心は、大根餅や春巻・胡麻団子など数種類の中から選べます。お友達や家族と訪れた時には、それぞれ違う点心を頼むと色んな味が楽しめそうですね♪飲み物は朝食メニューから選ぶことが出来ますが、「飲茶に… 続きを読む



ヘルシンキのゴージャスブティックホテル「リラ ロバーツ」

[2016/05/17] 靴家さちこ

客室は“コンフォート”“スタイル”と“ラックス”のカテゴリーに分かれており、2つの寝室とリビングと3つのバスルームから成る豪華なスイートルームもあります。全ての客室にはハイスタンダードな浴室が装備されており、レインダンスシャワーが旅の疲れを癒します。同ホテルは、廃熱を暖房に切り替える「ヒートリカバリーシステム」を導入したフィンランド初のエコヒーティングホテルでもあり、サービス哲学は、人生における全ての良い事、気持ちよい事」というデンマークのコンセプト"ヒュッゲ(hygge)"に基づいています。 続きを読む



心と身体の疲れを癒し、キレイになれるお手軽スパ

[2016/04/22] 田尾蓮果

今回は、私が最近ハマっているスパのご紹介をしたい。クロボカンのプティトゥンゲッ通り沿いにあり、ナチュラルさを強調した爽やかな外観と看板が目印の「リ デイスパ」だ。「Re」というのは「Resend(返信)」「Reborn(再生)」などに使われる接頭語で、「もう一度」「繰り返し」などの意味も含まれる。一方、「Day Spa」というのは日常的に通うスパのこと。つまり、「何度でも毎日でも通ってくださいね」「また来てくださいね」というような意味合いでつけられた名前なのだ。お値段の方も良心的なので、その名の… 続きを読む



ホーチミンで最高のおもてなしを提供してくれるスパ「ユリ・スパ」

[2016/03/11] 古川 悠紀

メニュー表は日本語表記されているので、どんなサービス内容なのかはすぐに分かります。ユリスパでは男性と女性でスパルームが分かれているので、お互い心配は要りません。また、カップルでの来店も歓迎で、その際はVIPルームを選んでみては。個室ルームとなるので、プライベートの空間で大切な人と密やかな癒しの時間を体験することができます。スパメニューは定番のフット&ボディマッサージから、アンチエイジングのフェイシャルトリートメント、マニキュア、ペディキュアまで揃っています。頭から指の先まで癒しを体感できます。 続きを読む



森に突如現れた美術館、木々の間のステンドグラスに圧巻

[2016/03/08] マチルダ

この辺りも産業革命の影響を受け、以前は鉄道が走り、木材や鉄などを運んでいた場所だそうです。今は、ひっそりとしその時代に使われていたものが再利用され、芸術や遊具に。そして、週末や夏のシーズンには多くの人が癒しを求めてやってきます。コッツウォルズの村々や丘とは少し違ったイングランドを楽しむことができます。次は、青いベルのような花、ブルーベルが咲き乱れる時期に訪れたいと思っています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 癒し」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。