「知、象徴」に関連する現地ガイド記事

「知、象徴」に関連する現地ガイド記事

知、象徴に関する現地ガイド記事を集めました。知、象徴の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ホーチミン郊外にある異色の宗教「カオダイ教総本山」

[2017/09/06] 古川 悠紀

ホーチミンの中心地から車で約90分ほどで行くことができるタイニン省。現地人の間ではバインカン(Banh Canh)と呼ばれるタピオカ粉の麺料理の名物として知られていますが、外国人観光客の間では「カオダイ教」の総本山がある場所として認知されています。カオダイ教は新興宗教の中では最大規模を誇り、南部を中心に200万人以上の教徒を抱えていると言われています。フランス植民地時代には唯一軍隊を持つ宗教として抗仏を行い、カルト宗教から自他に認められる宗教へと認知されてきました。 続きを読む



隈研吾氏の手によりリニューアルオープン!地元っ子自慢の「ポートランド日本庭園」

[2017/09/06] Rika Higashi

オレゴン州ポートランドの人気観光名所の1つ「ポートランド日本庭園(Portland Japanese Garden)」は、2013年に「Journal of Japanese Gardening」が北米にある300以上もの庭園の中で「最も美しい」と評価した名園です。2015年から庭園の拡張プロジェクトを手がけた建築家、隈研吾氏も「ポートランド日本庭園は、ポートランドの自然と気候、眺望とのコンビネーションが、日本以上にユニークで美しい」と鍬入れ式のスピーチで称えていました。今回は、リニューアルも完… 続きを読む



カタルーニアお祭りを紹介! LA FESTA CATALANA

[2017/08/28] 鈴木美佐子

スペインではそれぞれの地方で伝統的な祭りが行われていますが、こちらバルセロナでも例外ではありません。カタルーニアのお祭りに必ず登場するのがヒガンテスと呼ばれる大きな巨人の人形。音楽に合わせ、お祭りのときは街を練り歩きます。また人間の塔といわれる人間ピラミッドはカタルーニア民族の象徴といわれているほど、200年以上の歴史を持ち、お祭りのときなどに披露され大衆文化として現在でも受け継がれているのです。 続きを読む



アムステルダムの不思議な彫刻家の物語

[2017/07/31] テメル華代

アムステルダムには、少し不思議な彫刻家の逸話があります。その彫刻家は人々が寝静まった真夜中の街に、そっと作品を残していきます。正体は誰にも知られていません。ストーリー性があり、心温まる作品の数々は、アムステルダムの住民に愛されてきました。最初の作品が見つかったのは1982年のことです。アムステルダム西部にあるマルニックス・ストラートに、ヴァイオリンケースを持った男性の像が現れました。目の前にあるトラムの停留所へ駆け込むような姿です。帽子が風で飛ばされないよう、つばに手をあてています。彫刻家が匿名… 続きを読む



ポンディシェリーにあるオールヴィルを訪れよう

[2017/04/25] 鈴木千晶

みなさんはインドの思想家オーロヴィンド・ゴーシュの名前を聞いたことがあるでしょうか。ポンディシェリーにはオーロヴィンドのアシュラムなど彼の関連施設がたくさんあるのですが、その中でも特に有名なのがポンディシェリーから約12キロ離れたところにあるオーロヴィル。オーロヴィルは宗教や政治、国籍を超えて平和と調和のもとに住むことができるユニバーサルタウンを目指して作られました。現在ここにはオーロヴィルの主義思想に共感する世界中の人々が約2000人住んでいるそうです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 知、象徴」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。