「租界」に関連する現地ガイド記事

「租界」に関連する現地ガイド記事

租界に関する現地ガイド記事を集めました。租界の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

特別な旅の始まりは早起きから!夜とは違う外灘を散策しょう

[2016/01/26] 小田川愛

東方明珠側は逆光になるので、ビルの隙間からバッと光が降り注いでいるように見えるのですが、南京東路側は日の光を受けるかたちになるので、建築物鑑賞にはこの時間は最高なんです。南京条約により上海港が開港されると中国の主権が及ばない租界地が設けられました。その当時の建築が多く残っているエリアがここ外灘なのですが、夜ライトアップされた様子を眺めるだけはもったいないほど、細部まで鑑賞することができ、歴史散歩に興味がある方は、早起き外灘巡りはオススメです。 続きを読む



著名人が愛した上海で最も古い老舗クラシックホテルに泊まる旅

[2015/11/23] 小田川愛

上海には租界時代から現在まで親しまれているオールドホテルがいくつもあります。美しい様式と、昔から変わらない内装や佇まいを味わいたいという観光客が多いそうで、最近ではホテルに宿泊することを旅の目的にされる方も増えているようです。その中でも今回ご紹介する浦江飯店(Astor House Hotel)は、上海で最も古い西洋スタイルのホテルです。外灘の北に流れる蘇州河、そこにかかる外白渡橋(ガーデンブリッジ)を渡ると、すぐ目の前にあります。 続きを読む



時間の流れが止まったレトロな通り多倫路をのんびり歩こう

[2015/06/10] 小田川愛

今回ご紹介するのは、その魯迅公園のすぐ目の前にある多倫路です。話は少し戻りますが、最寄の駅名「虹口足球駅」の虹口とは、この周辺の地区名です。虹口は共同租界日本人居留区であった過去があります。地名や橋の名前などにも日本らしい名前が沢山残っていますし、日本人が住んでいた家屋、病院跡、寺社仏閣跡なども現在まで地元の方々の住居として使われており、歴史散策をする人たちが訪ね歩く姿も見られます。多倫路は虹口にある一つの通りで、石畳の通りの両脇には赴きのある建物が並び、骨董店も立ち並ぶレトロでおしゃれな観光地… 続きを読む



異彩を放つ歴史建築!コンクリートの複雑な迷路と幻想的な空間を楽しもう

[2014/08/11] 小田川愛

上海の街を見まわして、目に飛び込むのはレンガ造りの建物です。初めて来た方はその数にきっと驚かれるでしょう。観光地の外灘だけではなく、人々が生活を営んでいる建築物も、博物館になりそうなものばかりです。建物の多くが租界区があった当時建てられたもので、諸外国の様式を色濃く残しています。その中でも特に異彩を放つ建物があります。それは、観光地から少し離れた場所で、自分から調べなければ絶対に足を運ばないような場所です。というのもその建物以外は住宅があるだけだからです。今回は知る人ぞ知る1933老場坊をご紹介… 続きを読む



ライトアップされた歴史建築で楽しむ、夜の上海

[2014/03/13] 小田川愛

今回ご紹介するBAR Sasha’s(サシャズ)があるのは、周りが住宅に囲まれている衡山路です。外灘や南京東路のような賑やかさとはまた違い、落ち着いた雰囲気を持つ通りです。プラタナスの並木が美しい衡山路は、旧フランス租界だったこともあり、当時の様子をうかがえる洋館が多く残っています。BAR Sasha’s(サシャズ)がある東平路は衡山路から少し入った細い通りですが、この通り沿いにはお洒落な雑貨屋やレストランが立ち並んでいて、夜だけでなく昼間はランチやショッピングを楽しむ人たちも多くいるところなん… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 租界」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。