「穴場」に関連する現地ガイド記事

「穴場」に関連する現地ガイド記事

穴場に関する現地ガイド記事を集めました。穴場の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

まだまだ穴場のルーフトッップバーで、人気のアレを見逃すな!

[2017/07/22] 根本聡子

続々と増え続けているバンコクのルーフトップバー。ホテルやオフィスビルなどの最上階を利用したオープンエアーのレストランバーは、360度見渡せるバンコクの夜景と、なんといっても日本では味わうことのできない開放感が魅力です。ただ、最近は人気過ぎてどこへ行っても観光客でごった返しているのが残念なところ。しかも人気のバーはお値段もお高く、ビール1杯飲むだけでも税金込で2000円はしてしまいます。もっと手軽でしかもまだまだ知られていない穴場はないかと調べたところ、見つけました! 続きを読む



ロマンティックでエレガントな海沿いのホテル

[2017/05/29] 宮谷千英

ホテルにはプールやジャクジー、スパやジムがあり行動派の人にも退屈させない設備が揃っている。またフルバーは選りすぐりのお酒が揃っているので、お酒にはうるさい人も十分楽しめるだろう。週末にはライブミュージックがありムードも満点。宿泊客だけではなく、ビジターでも利用できるバーは、あまり観光客も行かず知る人ぞ知る穴場。エンセーダの賑やかな夜も良いけれど、ちょっと足を伸ばしてこの素敵な場所で優雅なひと時はいかがだろう。 続きを読む



海辺の邸宅『ヤル』で楽しむ、リッチなサンデーブランチ

[2017/05/09] Yeni

今回ご紹介するのは、イスタンブールを南北に縦断するボスポラス海峡に面した、穴場スポット「Sait Halim Pasa Yalisiサイート・ハリム・パシャ・ヤルス」です。『ヤル』とはトルコ語で、海沿いに作られたお屋敷・邸宅のことを指します。なるほどボスポラス海峡沿いを歩けばあちこちでこの『ヤル』を見かけますが、海に張り出したテラスの真下に、ボートが収納できる船専用スペースが必ずあるのも大きな特徴です。かつてここに住んだ上流階級の家人たちは、夏になるとここからボートでボスポラス海峡に漕ぎ出して、… 続きを読む



厳選!カフェが自慢の美術館は「いっぷく」処の穴場なり

[2017/04/17] Yeni

イスタンブール観光で歩き疲れた、少しお茶が飲みたい、軽く食べたい!なんていう時、どのカフェに行くべきか?どうせ行くなら雰囲気が良くて思い出に残る素敵なお店に行きたい。そんなあなたに、市内の美術館に併設された穴場カフェを3店ご紹介しましょう。しかもイスタンブールの観光ルート上に近くて、移動に無理もありません。ここでは、(1)旧市街〜エミノニュ観光(2)新市街〜タクシム、ガラタ観光(3)ボスポラス海峡沿岸の町〜ルメリヒサール観光の3箇所からのアクセスを想定し、ご案内します。それでは出発しましょう! 続きを読む



オランダの国家遺産、19世紀の配水塔に泊まる!

[2017/04/14] テメル華代

アムステルダム西区の閑静な住宅街、ウォータートーレン広場に八角形の小さな塔があります。床面積わずか18平米の古塔が「ホテル・デ・ウィンドケテル」としてオープンしたのは2003年のこと。レンガ造りに木枠の窓、八角形のとんがり屋根は、まるで童話の世界のような外観ですが、もともとは配水施設内の配水塔でした。産業遺産としての歴史的価値が評価され、国家遺産に登録されています。すぐ傍のウェスターパークには、ガス発電所を再整備した娯楽施設もあり、カナルハウスやカフェが立ち並ぶヨルダン地区へは徒歩わずか10分!… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 穴場」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。