「第二次世界大戦」に関連する現地ガイド記事

「第二次世界大戦」に関連する現地ガイド記事

第二次世界大戦に関する現地ガイド記事を集めました。第二次世界大戦の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

メイクもヘアスタイルも崩すことなく手軽に海中探検!

[2016/12/22] NEMO

シーウォーカーが楽しめるのはピティ湾にある「ボムホール」という場所。ここは第二次世界大戦のときに爆弾が落ちてできた穴で、今では魚達の恰好のたまり場になっています。またここは海洋保護区なので手つかずの自然が残っている貴重な場所。グアムでダイビングをするときも必ず訪れるベストスポットなので、色々な魚を見たい人は大満足間違いナシ! まるで宝箱のようにキラキラした世界に思わずうっとりすることでしょう♪ 子供達に人気の「NEMO(ニモ)」の名前で知られるカクレクマノミも生息しているので、よーく探して見てく… 続きを読む



子連れファミリーに大人気!サーカス団運営のアットホームな動物園

[2016/07/26] ロッテンマイヤー

毎年スイス各地を巡業するスイスを代表するサーカス団、「Knie(クニー)」。チャールズ・クニー氏及びルイス・クニー氏らによって立ち上げられたこのサーカス団は、古くは第一次・第二次世界大戦中より最中様々な苦境に立たされました。しかし、そんな中でもKnieによる興行は子供だけでなく多くの大人達にに希望と夢を与え続け、今に至っています。ショー自体はもちろん人間離れしたアクロバティックなものから、Knieを代表する様々な動物らの活躍による凄技を間近に見ることが出来ます。 続きを読む


カフェGerstnerとスパークリングワインのカフェが宮殿内にOpen

[2016/05/27] バレンタ愛

このカフェサロンがOpenしたのは1860年代に建てられたネオルネッサンス式の宮殿内。オペラ座の横の道を挟んで反対側という素晴らしいロケーション。窓からはオペラ座を見ながらティータイムを楽しむ事が出来ます。宮殿は第二次世界大戦でダメージを受けてしまったのですが、すぐに再建され、1976年には元々の宮殿の姿に改装されました。中にあるらせん階段はとても素敵。お店に一歩入ると「さすがウィーン!」と感じられる雰囲気になっています。 続きを読む



ボストンに建つホロコースト記念碑

[2016/03/15] 内田よしえ

ダウンタウンに建つ6つのガラスの塔。そのガラスはブルーがかった色で美しく、夜にはライトアップされて静かな輝きを見せています。この美しく輝くガラスの塔、実はホロコーストの記念碑なのです。ホロコーストとは、第二次世界大戦中のナチスによるユダヤ人大量虐殺のこと。この痛ましい歴史を世界史の授業で学んだり、映画や書籍やTV番組などを通して深く知っている方も多いかと思います。犠牲者たちへの追悼の意を込め、そして二度と起きてはならない負の歴史を忘れないために、この記念碑は建てられました。 続きを読む



インドに住むモンゴロイド、ナガ族の住むコヒマへ行ってみよう

[2016/03/05] 伊藤あつし

第二次世界大戦時の激戦区でもあるコヒマは、インド攻略の足掛かりを作るためにインパールを目指した日本軍がイギリス軍と戦火を交えた場所でもあります。街の中心にはイギリス・インド軍の墓地があり、今でも墓参者が絶えません。墓地を見下ろす丘の上の大聖堂には平和を祈る桜の木が日本より寄贈されています。また、大戦の後に引かれた国境線によってナガ族の人々はインド側とミャンマー側に分断されるようになってしまい現在もなお問題は引きずったままです。戦争がいかに愚かなことか、私たちは過去から学ばなければなりません。 続きを読む


 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 第二次世界大戦」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。