「第二次世界大戦」に関連する現地ガイド記事

「第二次世界大戦」に関連する現地ガイド記事

第二次世界大戦に関する現地ガイド記事を集めました。第二次世界大戦の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

スタイリッシュな世界遺産。ファン・ネレ工場

[2017/04/23] ミツフィ

オランダのマーク・ルッテ首相が「ロッテルダムのスタイリッシュなアイコン」と称えたファン・ネレ工場。外観を見ると「街で見かける今時の都会のオシャレなビルかな?」と思う方も多いと思います。しかしこの建築の竣工は第二次世界大戦より前の1931年なのです。元来はコーヒー、紅茶、タバコなどの嗜好品の工場で、1995年まで操業していました。 続きを読む



トルコの詩人が残した町の遺産、南東アナトリアの豪邸

[2017/04/12] オキシマ・ヒロミ

タランジュ家はディヤルバクルの裕福な一族で、ジャヒット・ストゥク・タランジュは1910年にディヤルバクルで生まれた。地元で初等教育を終えてから彼はイスタンブールの名門ガラタサライ高校に入学し、寄宿生活を送る。1931年から1935年までイスタンブールで政治学を学んだ後、パリで引き続き政治学を学んでいた。ところが第二次世界大戦が勃発したため1940年にトルコへ戻らねばならなかった。パリ滞在中にラジオ局でトルコ語の放送を行っていたこともある。それから5年後、35歳のときに『 Yafl 35(35歳)… 続きを読む



子どもと楽しむロンドン

[2017/04/02] りんみゆき

世界中のおもちゃが集合しているおもちゃのデパート、ハムリーズは英国王室のご用達で古い歴史があります。1760年にコーンウォルでウィリアム・ハムリーズ氏がおもちゃ屋さんを創業、その後第二次世界大戦で爆撃を受けながらもイギリスの子どもたちに愛され続け、現在にいたります。5階建てのストアはどの階でもデモンストレーションをしていて、お試しができるのも子どもたちを惹きつけるポイント。イギリスの人気者、かわいいくまのパディントンのコーナーも充実して、ついつい自分用のお土産に買いたくなってしまいます。 続きを読む



タイの高級シルク「ジムトンプソン」の名品をお手頃価格で♪

[2017/03/21] 根本聡子

まずは少しジムトンプソンについてご説明しましょう。彼はアメリカ生まれの軍人で第二次世界大戦中にバンコクへ来たことをきっかけにタイシルクの魅力にはまります。そして終戦後、アメリカへの帰還命令があったものの、終戦後のアジアの発展と平和には国際的ホテルが必要だと考えた彼は、オリエンタルホテルの再建へ携わるためにバンコクへ残ることに。それと同時にシルク業界の発展は欠かせないと思った彼が立ち上げたのがタイシルクブランド「ジムトンプソン」なのです。色彩豊かで高級感ある彼のデザインはタイ王室も御用達。それだけ… 続きを読む



ヨーロッパ最大のシナゴーグで学ぶユダヤの歴史文化

[2017/02/18] Hiromi

礼拝堂の美しさを堪能した後は、中庭へ行く途中のユダヤ教徒の墓を見学しよう。第二次世界大戦末期にハンガリーでナチスドイツによって虐殺された人たちだ。中庭にはハンガリーの彫刻家ヴァルガ・イムレ作のホロコースト追悼記念碑や現代アートの追悼作品が置かれている。中庭の奥には博物館があり、ユダヤ経典や燭台、皿など、ローマ時代からのユダヤ教徒の生活や礼拝に必要な品々が展示されている。ユダヤの歴史や経典のことはなかなか理解しにくいが、世界史の大切な一コマを知るためにも是非ここを訪れたい。ヴェッセレーニ通りにはユ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 第二次世界大戦」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。