「筋肉」に関連する現地ガイド記事

「筋肉」に関連する現地ガイド記事

筋肉に関する現地ガイド記事を集めました。筋肉の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ココが違う! ルネサンスを代表するミケランジェロの「ダヴィデ」像

[2016/04/20] 木場しのぶ

フィレンツェの「アカデミア美術館」に展示されている「ダヴィデ」像。高さ4.1mもある大理石彫刻で台座を入れると5m超。順路通りに進みながらその彫像が前方に現れた瞬間、誰もが唸るように「うぉ〜っ!」と歓声を上げてしまいます。その存在感たるや絶大で、彫刻に一歩一歩近づくごとに感動のヴォリュームはどんどんUP! 今にも動き出しそうなダヴィデの生々しさ・リアル感が凄いのです! 睨み付けるような眼差し、ぴんと張った筋肉の躍動感、まさに血が流れているような静脈の浮き出た手。これほどまで完璧に人間の姿を描写し… 続きを読む



天国に一番近い温泉。アンデス山脈の秘湯アグアスカリエンテスに入ろう

[2015/10/07] 伊藤篤史

アグアスカリエンテスはマチュピチュの拠点クスコとチチカカ湖のあるプーノの二大観光地の中間地点にあり、そこは4335mのララヤ峠という県境になっています。この峠を10km程下った場所に温泉地の湯煙が見えてきます。入場料を払ってゲートをくぐると大小のプールが十湯程あり、深さや湯音が少しずつ異なるので好みの湯船を探してみましょう。この温泉はリウマチや筋肉痛に効能があるのだそう。肩までお湯に浸かった目の前にはアンデス山脈のパノラマが。こんなに開放感溢れる温泉は世界中を見渡してもここが一番です。 続きを読む



中国伝統の美容法カッサ療法で、内側からきれいになろう!

[2014/01/30] 小田川愛

みなさんはカッサという美容法をご存じですか。これは中国で数千年前から中医学における美容法、また健康法として受け継がれてきたもので、現在でも鍼や灸と同じくらい民間に浸透しています。カッサ療法は中国語で「刮痧」と書きますが、「刮」は削る、擦るなどの意味があり、「痧」は病気、老廃物などの意味があります。カッサ療法では、主になめらかに加工された水牛の角や玉のヘラを使います。そのヘラで気になる部分の皮膚を刺激します。ヘラを骨や筋肉にそって押し当てなぞるように動かします。すると血… 続きを読む



大自然の風を切って気分はジブリの主人公 モンブランのお膝元でスポ−ツ三昧

[2013/09/07] 風香

 最近日本各地でも出来てきたアドヴェンチャーパーク。森林の中に、縄を張ったり、はしごを掛けたりと未来少年コナンの世界に入り込んだような気分を思い切り味わうことができるアトラクション施設です。大自然の風を切り、森林浴も楽しみながら冒険心がうずきます。シンプルな遊具ですが、元スポーツインストラクターの私でも上級者コースを一度回るとかなりの運動量。翌日は筋肉痛に悩まされても、爽快な気分になること間違いなし。実はこの地方のアドヴェンチャーパークを作るフランス人たちが日本にも出向き、本格的な施設を作りまし… 続きを読む



芸術の都パリで子どもの感性アップ!?

[2013/03/17] りんみゆき

パリのシンボルといえばパリで一番高い建物のエッフェル塔。これに登らずしてパリは語れません。展望台は1階部分、2階部分と最上階があります。登り方としては階段とエレベーターがありますが、キッズは迷わず階段へ直行。切符購入の列も階段の方が短めですが……かなりいい運動になるので、翌日の筋肉痛を覚悟して、フラットシューズで挑みたいもの。景色が素晴らしく、登っている最中真下が見えるので、かなりエキサイティング!運動は115メートルでおしまい、それから最上階の276メートルまではエレベーターで。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 筋肉」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。