「粥」に関連する現地ガイド記事

「粥」に関連する現地ガイド記事

粥に関する現地ガイド記事を集めました。粥の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

100年の歴史ある映画館をホテルにリノベーション!ノスタルジックな雰囲気を体感して。

[2019/07/14] 根本聡子

この宿の魅力はその雰囲気だけではありません。なんと朝食がたったの100バーツ(約330円)!(予約によっては含まれていることも)フルーツやパンなどが並ぶ簡単なコンチネンタルビュッフェか、スムージー、それかお粥の3つから選ぶことができます。オススメはなんといってもお粥です。というのは、この宿からすぐ側にミシュランのビブグルマンで星を獲得した人気のお粥店「ジョークプリンス」があるのですが、そこから出来たてのお粥を運んで来てくれるのです! ジョークプリンスは朝から晩まで行列が耐えない人気店。それを待た… 続きを読む



近くて楽しい済州島。ファミリーや女子旅におすすめしたいNEWリゾート

[2019/01/31] 古関千恵子

城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)をモチーフにした斬新なデザインのクラブハウス「モシル」は、総合ウェルネス施設。水温30度にキープされた25メートルプールやチルドレンプール、8室のトリートメントルームにフィットネスジム、サウナなどが集合しています。飲食施設のうち、メインレストランは5階にある「スカイ・オン・5グリル」。活気あふれるオープンキッチンで、バラエティ豊かな朝食には朝から満腹になること必至です(韓国料理コーナーの“あわび粥”がオススメ)。また、ジェジュ・シンワ・ワールド・マリオット・リ… 続きを読む



昔ながらのタイを感じながら暁の寺を部屋から眺める贅沢

[2018/10/24] 根本聡子

ビュッフェスタイルの朝食が多い中、アルンレジデンスはリクエスト制なのもポイント。お粥、パッタイ(チャーハン)、クイッティアオ(ヌードル)、パッタイ(焼きそば)から選ぶことができ、出来たてを運んで来てくれます。それとは別にフルーツやヨーグルトはビュッフェ形式で提供されるので、朝から満腹になれますよ♪ アルンレジデンスから歩いて3分の場所にはワットポーがあり、朝早くから観光できるので、空いている早朝にお寺を見学し、その後ゆっくり朝食をとるタイムスケジュールがおすすめです。 続きを読む



本場のムーミンカフェ(Mumin Kaffe)は子供にやさしいカフェ!

[2018/02/26] 靴家さちこ

これほどキッズスペースが充実した子供にやさしいカフェならば、メニューもムーミンやニョロニョロをかたどった、愉快でかわいいものだらけ?なのかと思ったら、本家本元はそれもしません。それよりも、フレッシュな野菜やチーズとハムをバランスよくあつられたオープンサンドイッチや、フィンランド独特のカリヤランピーラッカ(ライ麦粉でできた皮でお米のミルク粥を包んだパイ)であったり、近年ヘルシー志向で注目を浴びているローケーキや、地産のベリーをあしらった小さなスクウェア・ケーキにフィンランド産オーガニックアイスクリ… 続きを読む



一年中アウトドア体験ができる名物カフェ(Cafe Regatta)

[2017/12/22] 靴家さちこ

フードメニューはコルヴァプースティ以外にも、スイーツならムスティッカピーラッカ(ブルーベリーパイ:3,50ユーロ)やムンッキ(揚げドーナツ:3ユーロ)にケーキ各種(4~5ユーロ)、軽食にはカリヤランピーラッカ(お米のミルク粥をライ麦粉の薄い皮で包んだパイ:2,50ユーロ)やクロワッサン(フィンランド風のもちもちした焼き上がり:3ユーロ)などもあります。そこで忘れてはならないのが、コーヒー。ここのコーヒーはごく普通のフィルターコーヒーなのですが、なぜかコクがあって普通のフィンランドコーヒーよりも美… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 粥」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。