「羽田」に関連する現地ガイド記事

「羽田」に関連する現地ガイド記事

羽田に関する現地ガイド記事を集めました。羽田の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モントリオール旅行を考えている方への便利な空港情報

[2017/03/18] 佐々木 まゆ

日本からモントリオール国際空港への飛行時間はおよそ15時間ほど。残念ながら直行便はありませんが、最近都心からのアクセスが早い羽田空港発着の便もできて、ぐっと便利になりました。そして、カナダ国営のエアカナダを利用する場合、カナダ国内の都市、バンクーバー、カルガリー、トロントでの乗り換えがあり、私のおすすめはトロントです。飛行時間が他の都市よりも短いことと、モントリオールからトロントへの便が頻繁にあるため、万が一、国際線が遅れたときや乗り遅れたなどのトラブルがあっても、空席があれば次の便に変更しても… 続きを読む



成田〜ブリスベン、羽田〜シドニー線が同時就航!カンタス航空でオーストラリアへ!

[2015/11/07] 寺田直子

羽田〜シドニー線はビジネスユーザーも多く、こちらは「ジャンボ」の愛称で航空ファンにはおなじみのボーイング747-400を使用。羽田発のQF26便は22:00時に出発、シドニーには翌朝の8:30着。シドニー発25便は20:40出発で羽田に翌朝の5:30に到着する(2015年10月2&3日までのスケジュール)。羽田の利便性を活かし、深夜発・早朝着の効率よいスケジュールでビジネスをサポートする。もちろんシドニーは観光でも魅力的な場所だ。シドニー湾に浮かぶ世界遺産オペラハウスなど見どころに加えて、最近は… 続きを読む


日本初!エミレーツの新ラウンジが成田空港に今年、誕生

[2015/05/17] 寺田直子

エミレーツ航空は現在、世界6大陸32空港に37か所に専用ラウンジを設置。ドバイ国際空港で最初のラウンジをオープンして以来、実に2万200万人以上のゲストが利用している。エミレーツは日本と湾岸地域を結ぶ最初の航空会社として2002年に関西国際空港・ドバイ間の直行便運航を開始、これまで日本・ドバイ間のフライト利用者は300万人以上。現在は関空、成田、羽田からそれぞれ毎日1便を運航、グローバルネットワークで日本とドバイ以遠の中東やアフリカ、欧州など世界83ヶ国148都市をつないでいる。 続きを読む


キャセイパシフィック航空が羽田にラウンジを開設!

[2015/02/19] 寺田直子

2014年12月9日、キャセイパシフィック航空は羽田空港・国際線ターミナルに「キャセイパシフィック・ラウンジ」を開設した。場所は114番ゲート近くで羽田空港に国際線を乗り入れる日系以外の航空会社として自社ラウンジを設けるのはこのキャセイが初めてとなる。「キャセイパシフィック・ラウンジ」の総床面積は990㎡で、キャセイのハブとなる香港以外の自社ラウンジとしては羽田が最大級となる。たしかにゆったりとした空間で今後はファーストおよびビジネスクラスの乗客、ザ・マルコポーロクラブ会員(シルバ… 続きを読む


北米+中南米に広いネットワークを持つアメリカン航空

[2014/12/22] 寺田直子

世界50ヶ国以上、330以上の空港をつなぎ、およそ1日に6700便のフライトを運航するアメリカン航空。日本〜北米間では、羽田・成田とロサンゼルス、シカゴ、ダラスに週26便を運航している。2011年間からは日本航空との共同事業を提携。これは、たとえば行きはアメリカン航空で、帰りはJAL便といったように相互のフライト、サービスを共有するシステム。これによって両社間の乗り継ぎがシームレスになるだけでなく、共同事業対象路線のフライトで両エアラインのマイレージサービスのマイルを貯めることができるほか、特典… 続きを読む


 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 羽田」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。