「聖キアラ」に関連する現地ガイド記事

「聖キアラ」に関連する現地ガイド記事

聖キアラに関する現地ガイド記事を集めました。聖キアラの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

平和のシンボル〜サン・フランチェスコ聖堂とサンタ・キアーラ教会

[2013/10/08] 木場しのぶ

カトリック教には、例えば日本に布教したフランシスコ・ザヴィエルのイエズス会やドミニコ会、ベネディクト会など幾つかの会派がありますが、フランチェスコ会もそのひとつ。私有財産を認めないなど厳しい規律で知られる托鉢修道会です。麻袋を身に纏い腰紐で結んだ粗末な格好で托鉢を行っていたとされ、現在の修道士の茶色の僧服にもその名残が見られます。このフランチェスコ会は男子修道会ですが、聖フランチェスコに帰依した女性がアッシジ生まれの聖キアラ。日本ではクララと呼ばれていますね。フランチェスコ会の女子修道会がキアラ… 続きを読む



カトリックの町アッシジが広がる絶景ポイント、ロッカマッジョーレ

[2013/04/10] 堂剛

アッシジは人口3万人程度の小さな町ですが、見どころは他の大都市にも引けを取りません。美術史的にも重要なフレスコ画、美しいゴシック様式の聖フランチェスコ聖堂や聖キアラ聖堂、聖フランチェスコの人生の起点となったサンダミアーノ修道院、古代ローマ時代から残るミネルヴァ神殿、そして新市街にそびえるサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会など。町全体が世界遺産のアッシジならではだと思います。実はさらにもう一つ忘れてはならない見どころがあります。アッシジの丘の頂上にある「マッジョーレ要塞」も必見です。 続きを読む



アッシジの聖女キアラ―「サンタ・キアラ聖堂」に眠る

[2008/05/19] 堂剛

1194年にアッシジの名門貴族の家に生まれたキアラ。彼女は聖フランチェスコに帰依した最初の一人とされていて、彼らの出会いと清貧の道は偶然から始まります。町の道ばたで説教をしているフランチェスコに出会い、その彼の言葉に心を動かされたのが、キアラがまだ16歳の時のことです。しかしそれから2年後、両親は娘を裕福な家庭に嫁がせることに決めてしまいます。悲観したキアラは家を飛び出し、聖フランチェスコの元に行き信者として受け入れてもらいます。 続きを読む



知る人ぞ知るアッシジのドゥオモ、サン・ルフィーノ大聖堂

[2008/05/08] 堂剛

内部は3廊式になっていて、16世紀後半に改築されています。扉の両側にはこの教会で洗礼を受けた聖フランチェスコと聖キアラの像があり、左手には聖フランチェスコの修道衣や腰縄も保管されています。サン・ルフィーノ大聖堂は他の聖堂などに比べると豪華さでは見劣りしますが、アッシジの最も古い教会の一つで、その優雅なファザードはアッシジで一番美しいと言う人もいます。8月には守護聖人にちなんだ「サン・ルフィーノのパリオ」というお祭りが行われます。町を3つの地区に分け、地区の代表が優勝旗とタイトルをかけて弓で競うの… 続きを読む



神聖な世界遺産、フランチェスコが神の声を聞いた「サン・ダミアーノ修道院」

[2008/04/23] 堂剛

教会の隣にある聖キアラの過ごした修道院も見学可能です。当時の面影を残した修道院はとても質素で厳かで彼らの精神が宿っているかのように感じることでしょう。食堂の壁には最後の晩餐のフレスコ画が描かれ、粗末な木の長テーブルと長椅子が置かれています。このサン・ダミアーノ教会はアッシジにある幾多もの教会のなかで、もっとも彼らの「清貧」の思想が現れています。一方、彼らの死後、彼らを奉るために建てられた「サン・フランチェスコ聖堂」と「サンタ・キアラ聖堂」は建築作品としてはまさに傑作で、内部は豪華なフレスコ画で覆… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 聖キアラ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。