「自由の女神」に関連する現地ガイド記事

「自由の女神」に関連する現地ガイド記事

自由の女神に関する現地ガイド記事を集めました。自由の女神の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アメリカのシンボル「自由の女神」像に潜入する!

[2010/08/19] ゆずれもん

アメリカの象徴ともいえる「自由の女神」は、1866年に友好の印と、アメリカ独立100周年を記念して、フランスから贈られました。移民の国アメリカらしく「自由の女神」もある意味フランスからの移民です。飛行機も無かった当時、移動手段は船。ヨーロッパから多くの人たちが夢を抱いて船でアメリカへ渡ってきたとき、真っ先に目にしたのは自由の女神だったはずです。現在ならさほど大きな建造物にはならないですが、右手にトーチ、左手に独立宣言書を持ち、自由と平和を謳う堂々たる姿は、多くの人に深い印象を残すと思います。 続きを読む



ニューヨークの夏は、ランチ片手にピクニック☆のススメ

[2010/06/16] ゆずれもん

水と緑の両方を楽しむなら、マンハッタンの最南端バッテリー・パークからハドソン川沿いに遊歩道を北上してみましょう。住宅街の静かな歩道にはベンチが定間隔に配置され、公園、バレーボールコート、ハーバーなどの風景も楽しめます。ランチBOXは、リッツカールトンホテル隣のピッツェリア「INATTESO」のピザはいかが。極薄ピザ生地はクリスピーでモチモチ感もあり、アウトドアでならラージサイズでも2人でペロリといけちゃいます。自由の女神、ヨット、観光船など、爽快感ある背景は私達を贅沢な気分にさせてくれます。 続きを読む



マンハッタンの最南端、荒廃から復興を遂げた「バッテリーパーク」

[2009/06/16] ゆずれもん

ニューヨークの歴史はマンハッタン島の南から始まりました。ロウワーマンハッタンには超近代的高層ビルとイギリス植民地時代の古い建物が混在し、この辺りを歩くと、ある種独特な雰囲気が感じられます。ロウワーマンハッタンには、歴史的な見どころが数々有りますが、今回はマンハッタン島の最南端「バッテリー・パーク」をご紹介します。現在は公園として地元ニューヨーカーに憩いの場として愛されています。また自由の女神のあるリバティ島行き・移民局のあったエリス島行きフェリーが発着するため、いつも多くの人で賑わっています。美… 続きを読む



12000円分のニューヨークの楽しみ方を紹介!ヘリツアー、グルメ、クルーズまで様々

[2009/04/22] ゆずれもん

定額給付金と同額の12000円(=約120ドル)を、今ふとお小遣いとして受け取ったなら、ニューヨークでこんな使い方はどうでしょうか。まずはヘリツアー。旅行先での行動で、なかなか選択肢に入らないことをするのもオツなことかも! TVでもおなじみの風景、ヘリコプターで自由の女神の上空を巡るツアーです。所要時間6〜8分で120ドル、現在15ドルの割引があります。■ Liberty Helicopters予約:http://www.libertyhelicopters.com/tours/index.ht… 続きを読む



パリ16区、一流ソムリエによるワイン講座と食事で104ユーロ!

[2009/04/16] 夏樹

ビル・アケム橋は一階は歩行者と車、二階は電車が走っています。橋の真ん中まで歩いていくと、セーヌ川の中州「白鳥の散歩道」へ降りる階段があります。このあたりは、ちょうどベルトリッチ監督の映画「last tango in Paris」でマーロン・ブロンドとマリア・シュナイダーが出会う場所、あなたにも良い出会いがあるかも? セーヌ川の真ん中に浮かぶ約1kmほどある並木道「白鳥の散歩道」をまっすぐいくと、「自由の女神」像にたどりつきます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 自由の女神」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。